ヘッドハンター最終回動画を無料で見れる?(6月4日)

ドラマ「ヘッドハンター」の最終回(6月4日分)はゲストキャストも豪華であっという間にラストですが、見逃したらまだ無料動画が見れる?

最終回となり渋い江口洋介さんが見られなくなるのは残念ですが、真偽不明の土壌汚染による土地の払下げ、記録の改ざんなど話題の内容を取り入れた演出も最後まで飽きさせませんでした。

「ヘッドハンター」最終回の無料動画をキャスト、あらすじ(ネタバレ)、感想、ツイッター口コミとともに紹介します。

ヘッドハンター最終回の動画無料で見れる?

「ヘッドハンター」最終回は6月4日に放送されました。

ヘッドハンター最終回(8話)予告動画こちら

会社の部下や信頼を築いた関係者を裏切り、黒澤(=江口洋介)は一人ある目的を果たす為、元上司の藤堂(=堀部圭亮)に近づく、最終回も黒澤のポーカーフェイスに驚嘆する事間違い無しです!

見逃せない最後のヘッドハント、もし見逃してしまったら、無料で視聴できる動画配信サイトを見つける事はできるのでしょうか?

ヘッドハンター最終回(8話)以外の動画や内容はこちら

ヘッドハンター最終回動画Tverとネットもテレ東

Tverネットもテレ東は動画配信サービスで「ヘッドハンター」最終回(8話)動画を無料で視聴が可能です。

ただし、TV放送から、普通は一週間以内限定ですが

「ヘッドハンター最終回(8話)」動画の見逃し配信は6月30日(土)23:59までといつもより長目ですね。

GYAOでも6月30日まで見れる

GYAOもなら上記と同様に「ヘッドハンター」最終回動画の無料視聴が6月30日まで可能で、以降はGYAO!ストアで324円での有料購入でしか視聴できません。

ヘッドハンター最終回動画Paravi(パラビ)で見れる

見放題が主力のParaviは、初月無料(登録した月の翌月1日に料金加算)で登録のできる動画配信サービスです。

ヘッドハンターも見放題のParaviはポイント不要で、「ヘッドハンター」5話動画まで視聴ができます!

デバイスは、テレビ、PC、スマホ・タブレットに対応、オリジナル作品やwowowなどここでしか視聴できない作品もあります。

ドラマだけでなく、バラエティ、アニメ、経済番組までの見逃し配信で、無料で見放題作品が多数楽しめます。

ヘッドハンター最終回動画U-NEXTはポイントで今すぐ

ハイスペックな画質と音質、多機能、そして配信動画数がとても多いU-NEXTは、リッチな動画配信サービスです。

U-NEXTでは、放送から一週間たったら「ヘッドハンター」最終回の動画が配信されています。

U-NEXT

メリットとして、通常月額1,990円かかりますが、初回限定で31日間無料お試し利用をすることができます。

また、無料お試し登録時に600円分のポイントプレゼントがされるので『ヘッドハンター』は見放題ではない(1話324ポイント)のですが・・・

という事はU-NEXTでは、『ヘッドハンター』6話などが無料お試し登録時の特典600ポイントを使って今すぐ視聴可能という事です

U-NEXTでは無料お試し期間中に解約すると料金もかからないので始めやすいですね!

アカウントが4つまで作れたり、

スマホの通信制限に優しいダウンロード機能&オフライン動画再生もOK。

こちらも一週間過ぎても視聴ができるので便利です。

もらえるポイントで1話分だけ見たい方、今すぐ見れるU-NEXTはオススメです!

⇒U-NEXT詳しくはこちら

本作品の配信情報は2018年6月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各ホームページもしくはアプリをご確認ください。

ヘッドハンター最終回ゲストキャスト

川瀬次雄(=山本耕史)

財務省の職員。

ある国有地のプロジェクトに関わるも、不正発覚からその後処理に苦悩する。

山本耕史さん出演ドラマ 「BS時代劇 鳴門秘帖」、「 風雲児たち~蘭学革命篇~」、「トットちゃん!」、「植木等とのぼせもん」

藤堂誠一(=堀部圭亮)

国会議員。

国有地の払下げの不正に関与した疑いがある、政界入り前で働いていた会社の黒澤の上司でもある。

堀部圭亮さん出演ドラマ 「未解決の女 警視庁文書捜査官」、「天才てれびくんYOU」、「名刺ゲーム」、「棟居刑事シリーズ10」

レポーター(=小島秀公)

不正疑惑を追いかけるレポーター。

川瀬や藤堂に真実を求めるレポーター。

小島秀公さん出演ドラマ 「リバースエッジ 大川端探偵社」

ヘッドハンター最終回あらすじ

「ヘッドハンター」最終回のターゲットは、不正で荒れる財務省の職員・川瀬です。

川瀬は議員・藤堂の不正を隠す為に、交渉記録を改ざんしていました。

その川瀬の存在が気になる藤堂は、昔の直属の部下であったSAGASUの社長・黒澤に川瀬を別の場所へ転職させてほしいと依頼します。

前の仕事から藤堂の為に動いている黒澤に、危機感を募らせた部下・灰谷とフリー記者・眞城は、ライバル会社ブリッジの社長・赤城に協力を求めました。

黒澤は川瀬に接触し好条件の転職先を説明しますが、好条件にも関わらず川瀬は良い返事をしませんでした。

赤城らに呼び出された黒澤は、眞城の証拠の写真と、藤堂に関係する裏工作の話を突き付けられ、ヘッドハントを辞め大きな仕事をしたいと嘯きます。

そして、黒澤はもう一人の部下・館林に「事務所をたたむ」と言い、その片付けを頼みました。

それぞれの仕事が進む中、灰谷は黒澤に不正をやめる様掴みかかりますが、黒澤は3000万の小切手を渡し灰谷を首にしました。

再び黒澤に会う川瀬は、町を再建する仕事をしたくてこの道を選んだと、黒澤に語ります。

その事を見越していた黒澤は、川瀬に渡した資料に仕込んでいた”本当の転職先”を説明し、藤堂に立ち向かう事を静かに応援しました。

そして、川瀬は交渉記録の原本を公表しようと持ちだすと、藤堂が現れ見下した態度でそれを止めます。

そこへ黒澤が現れ、藤堂が裏金を貰った事の発覚、藤堂が常宿にしてるホテルの従業員を買収して、裏のやり取りを全部吐いた事、を藤堂に突きつけました。

部下に電話確認させ関連する会社の職員らが退職した事がわかった藤堂は、不敵な態度を崩し、それに黒澤は合図を送り川瀬を報道陣の元へ向かわせました。

黒澤の藤堂に言った事は、ほとんどハッタリで、実際は藤堂と繋がりがあった社長と、ホテルの従業員を、ブリッジと協力してヘッドハントしただけでした。

昔、藤堂の指示に従い、世話になった及川社長の会社を潰した黒澤は、その社長の墓の前で、その娘・百合に会います。

黒澤は自分がした事を百合に伝えると、百合は「手をあわせてやって下さい」と複雑な気持ちを抑え、父の墓参りを促しました。

それを見ていた灰谷に「背中を押してくれ」と部下を信用する黒澤は、いつもの仕事をする日常へ戻っていくのでした。

ヘッドハンター最終回感想

「ヘッドハンター」最終回は、国の政策、黒澤とその仲間の裏切りと駆け引き、黒澤の過去繋がり、などとても濃い内容でした。

黒澤の過去への決別と贖罪が一気に描かれた感じでしたね、最後まで「ヘッドハンター」の落ち着いた雰囲気があり、次々と進むスピード感はいつも以上で、このドラマらしい終わり方で良かったです!

前にいた会社での藤堂の直属の部下の黒澤は、その指示に従い及川工業を買収して、その社長を自殺に追い込んだ、その贖罪から今回のヘッドハントに動いたみたいですね。

黒澤が藤堂や海外のファンド会社と繋がりを保っていたのは、恐らく、それらが及川工業の従業員を辞めさせない代わりに買収する約束を破り従業員を辞めさせた、その復讐の為の様です。

川瀬に、上司の命令に従い不正を働く事を指摘した黒澤は、過去の自分と川瀬を照らし合わせ、その過った行動から決別する為に川瀬に近づいた様に思えます。

最後までクールに黒澤を演じた江口洋介さん、「あなたの値段知りたいと思いませんか?」と一番最後のいつもの決め台詞は暖かったですね!

序盤の皆を騙し続けるシーンは、ポーカーフェイスで一直線に藤堂に元へ向かう様でした。

灰谷と言い争い、館林に事務をたたむ、などの時点で藤堂を罠に嵌める仕込みがされている事を考えると、面白いですね!

ネタばらしで、仲間と話している黒澤がどことなく生き生きしていて、人を信用しない藤堂と対照的でした。

かつての自分と同じ状況にいる川瀬に「誇りを踏みにじる者を許しちゃいけない」と励ますシーンは働く人へのエールの様に感じます。

報酬は下がるが自分が一番したい仕事を正しくできる環境へ勧める、黒澤の苦い経験を通して語られる演技が、洋介さんの目を細め経験からくる感情を微細な顔の動きが迫真で伝わりました!

それに応えた川瀬を演じた山本耕史さん、力強い目の演技が印象的でした。

不正なデータ改ざんに嫌気がさし、上司の命令に大きな声で皆に聞こえる様に応える演技は、その辛さが伝わります。

子供に嘘をつくなと言い、仕事で嘘をつく、板挟みに苦虫をかみつぶした眉を曲げた顔を、ドラマ中演技し続け重い雰囲気が醸し出されました。

それらの演技が最後の告白で、正しい事へ向かう輝いた目に変わる演技を、強く表現した様に思え、感動しました。

自分以外信用できず、人を虫けら呼ばわりする藤堂、堀部圭亮の高慢の演技がドラマを盛り上げましたね。

低い声と堀深い顔が権力者を強調して、それが、黒澤のハッタリで自信を失い焦る演技は見所でした!

黒澤にお株を奪われ、「お前ら庶民に何がわかるんだ」と膝をついて、恨む様な目で黒澤を睨み絶叫する演技は断末魔の様で、最終回にふさわしい演技でした。

最後までふざけた感じの眞城、藤堂にも情報を売り込み、それを黒澤に利用されていたのがこのドラマらしい演出で良かったですね。

その眞城に名言で釘を刺す館林、山賀琴子さんのおっとりした口調と大きな目を端に寄せ白い歯を見せる演技は、出来事を楽しむ小悪魔の様でした。

その小悪魔に最後仕事を押し返された灰谷、杉本哲太さんの怒ったり、おどけたり、と最終回はいろんな表情が印象的でした。

明るく連携がとれているSAGASUの事務所の雰囲気は最後まで良かったですね、理想の仕事場の様です。

黒澤に協力をしていたライバルの赤城、それが終わり、ライバルに戻るシーンは良い終わりでしたね。

小池栄子さんの挑戦的な目で「今日から敵同士なんで」と言うと、

江口洋介さんも負けじと小さな目を広げ「お手柔らかに」と最後を飾るやり取りは、仕事を扱うドラマならではの演出で前向きな気持ちになれました。

ヘッドハンター最終回ツイッター反応

「ヘッドハンター」最終回、ドラマを楽しまれたファンの方が各々の想いを綴られてました!

最終回も見事などんでん返しでしたね、堀部圭亮さんの高慢な態度が崩れる演技は素晴らしかったです。

ドラマ中、ふとキャストが話す名言が多かったですね、最終回でも教訓めいたこの言葉が心に残りました。

ふと漏らす黒澤の言葉は、自分がした後悔を「自分の顧客」にはして欲しくないという思いや、及川工業への贖罪の気持ちだったのですね。

終わり方の意見もいろいろありました、どちらにせよ続編を期待する声は大きかったです!

最終回動画まとめ

ヘッドハンター

【最終回動画まとめ】

一週間以内に動画視聴の時間できる方は、GYAO、Tver、ネットもテレ東での視聴が気軽でオススメです。

放送から一週間過ぎてしまったら、

お試し無料のポイントで見れる以下のサイトがおすすめです!

スマホで通信制限を気にしたくないならU-NEXT

がオススメです!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする