黄金の私の人生のキャストと相関図の画像付でチェック! | ティーバー(TVer)の無料ドラママニア

黄金の私の人生のキャストと相関図の画像付でチェック!

韓国ドラマ『黄金の私の人生』が日本の地上波に初登場ということで出演するキャストや相関図に注目が集まっています!

『黄金の私の人生』は身分違いの恋を中心に、仕事、家族など幅広い世代に共感を呼ぶヒューマンドラマに、日本でも大人気のパク・シフをはじめ、魅力的な俳優陣が勢ぞろいの『黄金の私の人生』のキャストと相関図を画像付きで紹介します!

韓国ドラマ「黄金の私の人生」とは

『黄金の私の人生』は、大人気俳優パク・シフさんの5年ぶりの地上波ドラマ復帰作で、韓国では最高視聴率47.5%を叩き出した大ヒット作です。

黄金の私の人生

黄金の私の人生

日本でも地上波では初登場で、テレビ東京で2月18日(月)のあさ8:15~9:11まで、月曜~金曜の放送です。(全52話)

運命のいたずらに翻弄されるラブロマンスや出自にまつわる家族の秘密など、韓国ドラマのお得意分野てんこ盛りで見逃せませんよ!

黄金の私の人生のキャスト

『黄金の私の人生』の主なキャストを紹介します。

チェ・ドギョン役=パク・シフ

チェ・ドギョン役=パク・シフ

チェ・ドギョン役=パク・シフ

(画像参照URL:https://ougonnowatashi.ponycanyon.co.jp/)

韓国有数の大企業ヘソングループ会長の孫。

ヘソングループの後継者となるべく戦略企画室チーム長として日々仕事に邁進していたが、彼の運転する車に接触事故を起こしてしまったジアンとの出会いをきっかけに、疑うことも無かった生き方に疑問を抱くようになっていく。

チェ・ドギョンを演じるのは、日本でも高い人気を誇るパク・シフさんです。

数年前に放送された『王女の男』では、逆賊の汚名を着せられつつも、自らの信念と愛する女性をひたむきに守ろうとする主人公を演じられ、確かな演技力と、鍛えられた肉体美を披露してくれました。

パク・シフさんは他にも『清潭洞(チョンダムドン)アリス』『検事プリンセス』『家門の栄光』『殺人の告白』など多数の作品に出演されており、時代劇から現代劇、コメディタッチのラブロマンスから影のあるシリアスな役まで、なんでもこなすマルチ俳優です。

ソ・ジアン役=シン・ヘソン

ソ・ジアン役=シン・ヘソン

ソ・ジアン役=シン・ヘソン

(画像参照URL:https://ougonnowatashi.ponycanyon.co.jp/)

ヘソンアパレル、マーケティングチームの契約社員。

正社員になるためなら…と、お茶汲み、雑用、上司の子供たちのベビーシッターとなんでもこなし、『なんでもガール』と陰口をたたかれる。

そんな自分にやりきれなさを抱きながらも前向きに生きようとする努力家。

上司の車を運転していた際、高級車相手に衝突事故を起こして借金を抱えてしまうし、あと一歩のところで手に入りそうだった正社員の座も奪われ、崖っぷちに立たされる!

ジアン役を演じるシン・ヘソンさんは、日本でも大ヒットしたドラマ『青い海の伝説』では報われない恋をしており、ライバルを蹴落とそうと必死な姿を披露してくれましたね。

今作での恋は実るのでしょうか!?

シン・ヘソンさんの主な出演作品は、『青い海の伝説』『30だけど17です』『秘密の森』などです。

シン・ヘソン出演ドラマ青い海の伝説キャストまとめ

シン・ヘソン出演ドラマ青い海の伝説動画まとめ

ソヌ・ヒョク役=イ・テファン

ソヌ・ヒョク役=イ・テファン

ソヌ・ヒョク役=イ・テファン

(画像参照URL:https://ougonnowatashi.ponycanyon.co.jp/)

ソ・ヌヒョクはインテリアデザイナー。

高校時代のジアンの友人で、長らく会っていなかったが、交通事故現場で偶然再会。

ジアンに密かに想いを寄せているようだが…?

ソヌ・ヒョク役を演じるのは、イ・テファンさんは、イケメン揃いの俳優グループ「5urprise(サプライズ)」のメンバーです。

188㎝という高身長と恵まれたルックスでモデルとしてデビューしましたが、「5urprise(サプライズ)」のメンバーとなり『放課後サプライズ』で俳優デビュー。

イ・テファンさんは他にも『華政(ファジョン)』『W-君と僕の世界-』などに出演し、韓国国内でも注目度の高い若手俳優です。

ソ・ジス役=ソ・ウンス

ソ・ジス(チェ・ウンソク)役=ソ・ウンス

ソ・ジス(チェ・ウンソク)役=ソ・ウンス

(画像参照URL:https://ougonnowatashi.ponycanyon.co.jp/)

ジアンの双子の妹でお気楽なフリーター…に見えるけど、パン職人になりたくて、惚れ込んだベーカリーに(弟子入りを拒否されながらも)通い詰めるような根性も持ってます!

ソ・ジス役を演じるのはソ・ウンスさん。

ほんわかした笑顔が魅力的ですが、CMモデルとしてデビューし、『嫉妬の化身』『浪漫ドクターキム・サブ』などの出演を経て演技力を磨きました。

2019年2月には、日本で大ヒットしたドラマ『リーガルハイ』の韓国リメイク版に主演されているようで、今後の活躍がますます期待される女優さんです。

ソ・テス(父)役=チョン・ホジン

ソ・テス父役=チョン・ホジン

ソ・テス父役=チョン・ホジン

(参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/)

ジアンの父、日雇い労働者。

かつては会社を経営し豊かな生活を送っていたが、倒産して苦境に陥る。

子供達が大きくなった今でも「家族を守り、養っていくのは俺だ!」という気力を振り絞り、重労働の日雇い作業に精を出す働き者の心優しいお父さん。

ソ・テス役を演じるのはチョン・ホジンさんです。

「トンイ」「六龍が飛ぶ」「雲が描いた月明り」など多数の作品に出演されていますが、意志の強さや冷徹さなどを強い目力で表現されているのが印象的です!

本作では家族を大事にする思慮深いお父さん役で、妻や子供達を見つめるその目は慈愛に満ち溢れているのが見どころです。

ストーリーが進むにつれて激動の展開が予想されますが、ジアンを想うお父さんの目が何を伝えてくれるのか楽しみですね!

ヤン・ミジョン母役=キム・ヘオク

ヤン・ミジョン役=キム・ヘオク

ヤン・ミジョン役=キム・ヘオク

(参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/)

ジアンの母、専業主婦。

かつての豊かな生活に未練があるものの、4人の子供達それぞれの事情を汲み取り、優しく接するお母さんです。

ヤン・ミジョン役のキム・ヘオクさんは、「母役」としての出演作が多数あるのですが、中でも日本で大ヒットしたドラマ「赤と黒」で演じたセレブの高慢な母親役を覚えている方も多いのではないでしょうか?

本作では、かつてはセレブ妻だったかもしれませんが、今は節約に励む庶民のお母さんということで、立場が全く逆ですね。

キム・ヘオクささんの主な出演作品は、「TWO WEEKS」「恋愛の発見」などです。

ソ・ジテ役=イ・テソン

ソ・ジテ役=イ・テソン

ソ・ジテ役=イ・テソン

(参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/)

ジアンの兄、信用金庫勤務。

責任感の強いソ家の長男。

正社員を逃して落ち込んでいるジアンを思いやり、何もしてやれなくても「兄だから」と、そばに寄り添ってあげようとする優しい心の持ち主です。

ソ・ジテ役を演じるイ・テソンさんは、高校時代には野球をしており、国家代表選手を務めるほどの活躍をしましたが、肩の負傷で断念、大学の演劇学科を経て俳優デビューを果たしました。

イ・テソン主な出演作品は、日韓合同映画の主役を演じた「あなたを忘れない」「イタズラなKISS~Playfull Kiss~」「屋根部屋の皇太子」などです。

ソ・ジホ役=シン・ヒョンス

ソ・ジホ役=シン・ヒョンス

ソ・ジホ役=シン・ヒョンス

(参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/)

ジアンの弟、予備校生。

「今年こそ大学に!」という家族の期待をよそにアルバイトに励むソ家の末っ子。

末っ子らしい甘えん坊ですが、兄同様、姉を想いやって涙を流したり、就職活動がうまくいくように…とアルバイト代で新しい靴をプレゼントしたりする優しい弟です。

ソ・ジホ役のシン・ヒョンスさんは、「仮面の王イ・ソン」や「三つ色のファンタジー 宇宙と星の恋」などの出演を経て、昨年韓国で放送されたドラマ「十二夜」でKARA出身のスンヨンさんとダブル主演を務めた若手注目俳優です。

では次にドギョンの家族(ヘソン)のキャストを紹介します!

ノ・ミョンヒ役=ナ・ヨンヒ

ノ・ミョンヒ役=ナ・ヨンヒ

ノ・ミョンヒ役=ナ・ヨンヒ

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/

ドギョンの母、ヘソンF&B代表。

ヘソングループの会長ノ・ヤンホの長女。

25年前に娘が行方不明になって以来、自分の不注意を悔やみ、探し続けてきました。

生まれの良さから人を見下す傾向があり、庶民であるジアンの家族に対する態度は冷たく、常に上から目線です。

失ったと思っていた娘との再会を嬉しく思う反面、早くヘソンの人間にふさわしくなるように…と焦る気持ちから娘や夫との気持ちに溝ができてしまいます。

再会した娘、夫と真に心を通わせることができるのかが見どころです。

ノ・ミョンヒ役を演じるのは、ナ・ヨンヒさん。

数多くの出演作があり、主人公の母役が目立ちますが、意外なことに若いころはセクシー女優としての活躍が多かったそうですよ。

主な出演作は、「華麗なる誘惑」「愛人がいます」「青い海の伝説」などです。

ナ・ヨンヒ出演ドラマ青い海の伝説キャストまとめ

ナ・ヨンヒ出演ドラマ青い海の伝説動画まとめ

チェ・ジェソン役=チョン・ノミン

チェ・ジェソン役=チョン・ノミン

チェ・ジェソン役=チョン・ノミン

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/

ドギョンの父、ヘソングループ副会長。

元々は炭鉱町の出身で、苦学してヘソングループに入社しました。

ヘソングループ会長の長女ノ・ミョンヒと結婚し、副会長の地位を掴みましたが、社員からは会長の孫息子であるドギョンを継がせるまでの繋ぎと噂されてしまいます。

いつも冷静で、再会した娘の複雑な心情にも理解を示し、焦る妻をなだめて、良好な関係が築けるように支える優しさと強さを持っています。

チェ・ジェソン役を演じるのは、チョン・ノミンさんです。

主な出演作は「イニョプの道」「六龍が飛ぶ」「仮面の王イ・ソン」などです。

チェ・ソヒョン役=イ・ダイン

チェ・ソヒョン役=イ・ダイン

チェ・ソヒョン役=イ・ダイン

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/chart/

ドギョンの妹、音大生。

母ミョンヒ同様、生まれながらのお嬢様です。

親の言うことにおとなしく従い、大学の専攻であるチェロのレッスンもそつなくこなしますが、時々親の目を盗んでクラブで踊り狂ってはストレス発散する…という危なっかしいところもあります。

突然現れた姉の存在に戸惑い、認めたくないようなそぶりも見えますが、仲良くなれるのでしょうか?

チェ・ソヒョン役のイ・ダインさんは透明感のある清楚なイメージの若手女優さんですが、なんと、お母様は「宮廷女官チャングムの誓い」や「朱蒙」などの出演で日本でも有名なキョン・ミリさんだそうです。

デビューした当時は母の存在を隠していたそうですが、マスコミによって明かされてしまいました。

母のコネで役と取っている…と悪質な噂をされたこともあったようですが、努力を重ね、地道に女優の実力を育んでいるそうです。

これからの活躍を期待したいですね!

主な出演作品は「花郎(ファラン)」「女を泣かせて」です。

その他の出演キャスト行きます~

カン・ナムグ役=チェ・グィファ

カン・ナムグ役=チェ・グィファさん

カン・ナムグ役=チェ・グィファさん

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/gallery/?trgt=69990#contents)

ブロックベーカリーファクトリー(パン屋さん)の店主。

彼が焼くパンはどれも絶品だが、本人は寡黙で不愛想。

パン職人になることが夢のジスは弟子にしてほしいと頼むが断固拒否する。

3か月もの間、少ない収入から毎日お店に通いつめて安くはない彼のパンを2個買い続けるジスに根負けし、「作り方は教えない!やるのはレジと雑用だけ!」と雇い入れることを許す。

ヒョクの姉、ソヌ・ヒとは以前 恋人関係にあった。

本作ではコメディ担当ですね。ソヌ・ヒから隠れるときが笑えます。

カン・ナムグ役のチェ・グィファさんは、様々なキャラクターをたくみに演じ分ける事に加え、個性的な顔立ちで人気の実力派俳優です。

チェ・グィファさんの主な出演作品は、日本でも公開された「新感染ファイナルエクスプレス」「タクシー運転手」「犯罪都市」など多数。

ソヌ・ヒ役=チョン・ソヨン

ソヌ・ヒ役=チョン・ソヨンさん

ソヌ・ヒ役=チョン・ソヨンさん

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/gallery/?trgt=69988#contents

ヒョクの姉でカフェ・ヒの店主。

過去にとらわれ極度に人を怖がるようになってしまい、カフェの接客もぎこちない。

ヒョクの支援を受けてカフェをオープンしたが、些細なことでヒョクを呼び出して弟を心配させる。

離婚歴があり、パン屋店主のカン・ナムグとは元恋人関係。

人恐怖症の原因が何なのか気になりませんか!?

ソヌ・ヒ役のチョン・ソヨンさんは、儚げな雰囲気が今回の役にはぴったりな女優さんですね。

チョン・ソヨンさんの主な出演作品は、「階伯(ケベク)」「野人時代」「ファッション70s」などです。

イ・スア役=パク・ジュヒ

イ・スア役=パク・ジュヒさん

イ・スア役=パク・ジュヒさん

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/gallery/?trgt=70012#contents

ジアンの兄・ジテの恋人。

ジテとは4年間も交際しているが、独身主義者だというジテの考えを尊重し、結婚を迫ったりはしない。

ジテを愛する心と、本心である結婚願望の間で揺れ動く結婚適齢期の女性をうまく演じられています。

イ・スア役のパク・ジュヒさんの主な出演作品は、「明日、キミと」「グッドワイフ(韓国版)」などです。

ミン部長役=ソ・ギョンファ

ミン部長役=ソ・ギョンファさん

ミン部長役=ソ・ギョンファさん

(画像参照元URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/mygoldenlife/gallery/?trgt=70032#contents

ドギョンの家の執事。

大学を出てヘソングループに入社したが、ドギョンの母ミョンヒが結婚してからは執事として家に仕える。

ミン部長役のソ・ギョンファさんの主な出演作品は、「華麗なる誘惑」「品位のある彼女」などです。

ノ・ヤンホ役=キム・ヒョンギ

ヘソングループ会長でドギョンの祖父、ミョンヒの父。

10代財閥に入ることを目指して、ヘソングループを韓国有数の大企業に育てあげた。

更なる発展拡大のため、娘のミョンヒとジニを競わせてきたため、姉妹の中はとても悪い。

会長とは言え、ヘソングループの実権を握り、一族の運命も彼の影響力が強い。

ノ・ヤンホ役のキム・ビョンギさんは、時代劇に数多く出演されているので見覚えのある方も多いと思いますが、主な出演作品は、「朱蒙(チュモン)」「風の国」「階伯(ケベク)」などです。

ハジョン役=ペク・ソイ

ジアンの高校時代からの友人の一人。

親のコネを使ってジアンの正社員の座を横取りする。

更にはジアンを煽るように見下し、怒ったジアンに殴られ、警察沙汰に…。

実力を伴わない正社員採用に、周りの社員や事情を知った友人たちからの目は冷たい。

ハジョン役を演じるペク・ソイさんの主な出演作品は、「キスして幽霊」「黄金のポケット」などです。

黄金の私の人生の相関図

韓国ドラマ「黄金の私の人生」の相関図がこちらです。

黄金の私の人生の相関図画像

黄金の私の人生の相関図画像

(画像参照URL:https://ougonnowatashi.ponycanyon.co.jp/)

豆知識「ノーブレスオブリージュの精神」とは

ヘソンの人たちが時々「ノーブレスオブリージュの精神」と口にしているのを覚えていますか?

テレビ放送ではカットされたシーンですが、ノ・ミョンヒがバザーで、父であるヘソングループ会長が出品した高級バッグを紹介していた時や、ドギョンがジアンに対し、高額な車の修理費を大幅にマケた時などに言っています。

元々は欧米貴族社会の道徳観で、「身分の高いものはそれに応じて果たさねばならぬ義務がある」というものです。

つまり、お金・地位など特権を持つ者は、持たぬ者に対して施しをしなければならないという考えです。

修理代をめぐるやり取りの中で、すれ違いから、ジアンにはドギョンの「ノーブレスオブリージュの精神」がかなり癇に障ったようですが…(;^_^A

黄金の私の人生のキャストまとめ

『黄金の私の人生』の主なキャストと相関図を紹介しましたがいかがでしたか?

ここでは紹介できませんでしたが、ジアンやドギョンのそれぞれの両親、友人やその兄弟など、他にも多くの登場人物がいて、誰もが何らかの問題を抱えています。

一人ひとりの心情が丁寧に描かれており、どんな世代の方が見ても共感できるポイントが見つかるハズですよ!

2月18日からの放送開始が待ちきれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする