サイムダンのキャスト一覧!二役や子役も!サイムダンは実在していた!

人気の韓流ドラマ・サイムダン(師任堂)がテレビ東京で放送されましたが魅力的な演技をするキャストを一覧で紹介します。

イ・ヨンエさんを始め、現代と過去のキャラを一人二役のキャスト俳優や子役など、意外な同一人物に驚かされます!

地上波の最終回が近づく「サイムダン」を盛り上げているキャストと実在したサイムダンの真実の姿を紹介します。

コンテンツ

サイムダン(師任堂)色の日記とは

「サイムダン」はテレビ東京で、初回7月20日から最終回9月13日の予定、毎週、月曜~金曜の間で8時15分から放送されてます。

サイムダン(師任堂)色の日記:日本版予告動画こちら

主演のイ・ヨンエさんは、現代では教授を目指す韓国大学講師のソ・ジユン、過去では家庭を守りながら書画家の仕事をこなすサイムダン、二役を演じてます。

朝鮮時代、サイムダンは愛するイ・ギョムと別れ、それを日記で知った現代のソ・ジユンは本物の”金剛山図”を求めサイムダンの人生を追う事になります。

サイムダン(師任堂)キャスト一覧

ではサイムダン(師任堂)色の日記の気になるキャストを紹介しますね。

イ・ヨンエさんの二役は誰でも分かると思いますが、サイト管理人は、最初、現代のハン・サンヒョンとイギョムの青年時代が同じ俳優さんだったとは気づきませんでした。

このように現代、朝鮮時代では、髪型や身に着けてる物が全く違い、パッと見でわからない事もありますので、一覧を見てしっかり、確認してください。

師任堂(シン・サイムダン)【朝鮮時代】=イ・ヨンエ(二役)

イ・ヨンエさん演じるシン・サイムダンは後世まで名を残す天才的女流画家です。

芸術に関心のある王族のイ・ギョムと愛し合いますが、ある事件から別れ、別の男性と結婚し子供と夫の面倒をみる事になります。

サイムダン(上) とソ・ジユン(下)

サイムダン(上) とソ・ジユン(下)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

ソ・ジユン【現代】=イ・ヨンエ(二役)

イ・ヨンエさん演じるソ・ジユンは韓国美術史の教授を目標にする韓国大学講師です。

指導教授ミン・ジョンハクと”金剛山図”の真偽について争う事になり、行き場を失いイタリアで見つけたサイムダンの日記から本物の”金剛山図”を探します。

イ・ヨンエさんの最近のドラマ歴 

「宮廷女官チャングムの誓い」、「火花」、「インビテーション」、「波濤」

サイムダン(少女時代)【朝鮮時代】=パク・ヘス

パク・ヘスさん演じるサイムダン(少女時代)は絵を描く事が好きで自然を愛する少女です。

”金剛山図”が見たくて家に忍び込むぐらい活発で、そこでイ・ギョムと出会います。

サイムダン(少女時代)

サイムダン(少女時代)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

パク・ヘスさんの最近のドラマ歴 「ヨンパリ」、「内気なボス」

宜城君(ウィソングン)イ・ギョム【朝鮮時代】=ソン・スンホン

ソン・スンホンさん演じるイ・ギョムは第四代王の世宗の孫です。

幼い頃に父と放浪の旅をする日々を送り、王族の堅苦しい雰囲気を嫌う性格です。

父の死後、大伯母イ氏に引き取られ、サイムダンと出会いますが、別れても一途に想いを寄せ続けます。

イ・ギョム

イ・ギョム

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

ソン・スンホンさんの最近のドラマ歴

「ブラック」、「男が愛する時」、「Dr. JIN」、「マイ・プリンセス」

宜城君イ・ギョム(青年時代)【朝鮮時代】=ヤン・セジョン(二役)

ヤン・セジョンさん演じるイ・ギョム(青年時代)は、芸術と自由を愛する青年です。

”金剛山図”がきっかけで出会ったサイムダンの情熱的な芸術への姿勢に惚れます。

イ・ギョムの青年時代(上)とハン・サンヒョン(下)

イ・ギョムの青年時代(上)とハン・サンヒョン(下)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

ハン・サンヒョン【現代】=ヤン・セジョン(二役)

ヤン・セジョンさん演じるハン・サンヒョンはジユンの後輩です。

講師を務めてましたがジョンハク教授に不当に解雇され、同じ境遇のジユンがサイムダンの日記・寿進坊日記を調べている事から得意の漢文で協力します。

ヤン・セジョンさんの最近のドラマ歴

「浪漫ドクター キム・サブ」、「愛の温度」

朝鮮第11代王・中宗【朝鮮時代】=チェ・ジョンファン(二役)

チェ・ジョンファンさん演じる中宗は異母兄弟の兄・燕山君の失脚で王座に就いた朝鮮第11代王です。

臣下の裏切りで失脚した兄と同じようになると思いこみ、サイムダンとギョムの仲を引き裂く発端をつくります。

中宗(上)とミン・ジョンハク教授(下)

中宗(上)とミン・ジョンハク教授(下)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

ミン・ジョンハク【現代】=チェ・ジョンファン(二役)

チェ・ジョンファンさん演じるミン・ジョンハクは韓国大学教授であり、ジユンの指導教授です。

学長の座を狙う為に財閥ソンジングループと手を組み、名画”金剛山図”を描いたアン・ギョンを研究、対立するジユンを徹底的に攻撃します。

チェ・ジョンファンさんの最近のドラマ歴

「華政」、「ホジュン 伝説の心医」、「7級公務員」、「キムチ 不朽の名作」

フィウムダン【朝鮮時代】=オ・ユナ

オ・ユナさん演じるフィウムダンは少女時代からギョムを想い、サイムダンを憎む上流婦人です。

フィウムダン

フィウムダン

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

自分の事を眼中にないイ・ギョムの心に気づき、ある事件を起こします。

ミン・チヒョンを利用して今の地位を手に入れますが、再会するギョムの一途な想いを知ると憎しみを再燃します。

オ・ユナさんの最近のドラマ歴

「フンナムジョンウム」、「延南洞539」、「姉は生きている」、「オー・マイ・クムビ」

ソクスン(フィムダン)の少女時代【朝鮮時代】=ユン・イェジュ

ユン・イェジュさん演じるソクスンは少女時代のフィムダンです。

ソクスン(フィムダンの少女時代)

ソクスン(フィムダンの少女時代)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

旅籠の娘で勉強熱心な性格で自力で文字を覚えます。

イ・ギョムに想いを寄せますが冷たくあしらわれて、想いを恨みの感情へ転化させます。

ユン・イェジュさんの最近のドラマ歴

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」、「私のファンタスティックな葬式」、「失踪ノワールM」、「ラブリー・アラン」

ミン・チヒョン【朝鮮時代】=チェ・チョロ

チェ・チョロさん演じるミン・チヒョンは地方官史からのし上がった権力者です。

ミン・チヒョン

ミン・チヒョン

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

フィウムダンとは互いに利用し合う仲、市場独占や上の身分を狙うなど欲望の為に人を傷つけるのを何とも思わない性格で、イ・ギョムと相反します。

チェ・チョロさんの最近のドラマ歴

「一緒に暮らしましょうか?!」、「花を咲かせろ!ダルスン」、「軍師リュ・ソンリョン」、「王の顔」

イ・ウォンス【朝鮮時代】=ユン・ダフン

ユン・ダフンさん演じるイ・ウォンスはサイムダンがギョムと別れた後に嫁いだ夫です。

イ・ウォンス

イ・ウォンス

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

意志が弱く怠け癖があり、詐欺に遭いサイムダンの母から貰った家を失わせ、サイムダンに苦労をかけます。

ユン・ダフンさんの最近のドラマ歴

「私たちが出会った奇跡」、「ハッピー・レストラン~家和萬事成~」、「嫉妬の化身」、「凍える華」

領議政【朝鮮時代】=ソン・ミヒョン(二役)

ソン・ミヒョンさん演じる領議政はチヒョンを気にかける地位の高い人物です。

チヒョンの底知れぬ欲望に危機感を感じますが、息子の事で弱みを握られチヒョンの言いなりになります。

領議政(上)とソンジングループ会長(下)

領議政(上)とソンジングループ会長(下)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

ソンジングループ会長【現代】=ソン・ミヒョン

ソン・ミヒョンさん演じるソンジングループ会長は”金剛山図”を利用して株で儲けうとする人物です。

芸術に興味がなく、金の為なら不正も厭わない性格で、ジョンハク教授とは互いを利用する関係です。

ソン・ミヒョンさんの最近のドラマ歴

「王の顔」、「馬医」、「朱蒙」、「宮廷女官チャングムの誓い」

ソンギャラリー館長【現代】=キム・ミギョン

キム・ミギョンさん演じるソンギャラリー館長はソンジングループ会長の夫人です。

ソンギャラリー館長

ソンギャラリー館長

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

夫と違い美大出身で芸術に関心があり、”金剛山図”を国宝に指定してある野望を抱きます。

キム・ミギョンさんの最近のドラマ歴

「大君-愛を描く」、「一緒に暮らしましょうか?!」、「2度目のファースト・ラブ」、「ゴー・バック夫婦」

チョン・ミンソク【現代】=イ・ヘヨン

イ・ヘヨンさん演じるチョン・ミンソクはジユンの夫です。

チョン・ミンソク

チョン・ミンソク

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

投資会社を経営してましたが、ソンジングループの計略で会社が危機に陥り、行方不明になります。

イ・ヘヨンさんの最近のドラマ歴

「棚ぼたのあなた」、「僕の妻はスーパーウーマン」、「キムチ・チーズ・スマイル」、「タルジャの春」

キム・ジョンヒ【現代】=キム・ヘスク

キム・ヘスクさん演じるキム・ジョンヒはジユンの姑です。

キム・ジョンヒ

キム・ジョンヒ

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

ジユンの理解者で、息子ミンソクが行方不明になるが家計を助ける為に始めた化粧品販売でジユンを力強く支えます。

キム・ヘスクさんの最近のドラマ歴

「イ判サ判」、「耳打ち」、「適齢期惑々ロマンス」、「これが人生!ケ・セラ・セラ」

シン・ミョンファ【朝鮮時代】=チェ・イルファ

チェ・イルファさん演じるシン・ミョンファはサイムダンの父です。

サイムダンの父

サイムダンの父

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

政争に敗れ故郷に帰り、私塾を開きながら隠居生活を送りますが、中宗から詩を贈られた事が波紋を呼びます。

チェ・イルファさんの最近のドラマ歴

「トゥー・カップス」、「愛の迷宮-トンネル-」、「日記」、「ハイクラス」

大叔母イ氏【朝鮮時代】=パン・ヒョジョン

パン・ヒョジョンさん演じる大叔母イ氏は、ギョムを育てた人物です。

大叔母イ氏

大叔母イ氏

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

父を亡くし生活に困っていたギョムを引き取り育て、ギョムの幸せを願います。

パン・ヒョジョンさんの最近のドラマ歴

「波よ波よ」、「その女の海」、「吹けよ、ミプン」、「愛の香り~憎しみの果てに~」

コン氏夫人【朝鮮時代】=パク・ジュンミョン(二役)

パク・ジュンミョンさん演じるコン氏夫人は全羅道地域の穀倉地帯を治める名家の夫人です。

サイムダンと仲良くなる私塾の仲間でもあります。

コン氏夫人(上)とコ・ヘジョン(下)

コン氏夫人(上)とコ・ヘジョン(下)

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

コ・ヘジョン【現代】=パク・ジュンミョン

パク・ジュンミョンさん演じるコ・ヘジョンは国立中央博物館に勤めるジユンの親友です。

ジユンが手に入れた寿進坊日記を修復して、サンヒョンと共にジユンを助けます。

パク・ジュンミョンさんの最近のドラマ歴

「Love on ICE」、「完璧な妻」、「深夜食堂fromソウル」、「ディア・ブラッド~私の守護天使」

イ・フ【朝鮮時代】=ユン・ジュンソン

ユン・ジュンソンさん演じるイ・フはギョムの従甥です。

イ・フ

イ・フ

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

比翼堂の運営をし、ギョムの事を敬う一方、大叔母からギョムを見張るよう言いつけられてます。

ユン・ジュンソンさんの最近のドラマ歴

「魔女の恋愛」、「アンニョン!コ・ボンシルさん」、「シティーハンター」

内禁衛将【朝鮮時代】=パク・ジョンハク

パク・ジョンハクさん演じる内禁衛将は中宗に忠実な護衛武士です。

中宗の護衛に誠心誠意尽くします。

内禁衛将

内禁衛将

(画像参照:http://www.bsfuji.tv/saimdang/cast.html)

パク・ジョンハクさんの最近のドラマ歴

「無法弁護士」、「カネの花」、「ブラック」、「操作」

師任堂(サイムダン)は実在?どんな女性だった?

韓国ドラマ「サイムダン(師任堂)」のタイトルと同じ名前の女性は、1504年に生まれた朝鮮時代の実在する人物です。

5人姉妹の次女として生まれ、18歳に結婚した後は、夫を中国で行われた官史の採用試験・科挙に合格させる為に別居します。

そして、7人の子供に学問を教えながら家事もこなし、そのかたわら幼少期から才能を見せた創作活動に力を入れました。

山水や虫などの自然の絵を描く事が多く、「墨葡萄図」、「草虫図繍屏」、と美しい作品の数々から朝鮮一の女流画家と語り継がれてます。

それらの功績から2009年に登場した韓国紙幣の5万ウォン札にサイムダンの肖像が採用され、仕事も家事も両立させた女性の象徴として伝えられるのでした。

※5万ウォンは約4,925円(2018年9月8日執筆時点)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする