西郷どん(せごどん)14話の動画まだ無料で見れる?(4月15日放送) | ティーバー(TVer)の無料ドラママニア

西郷どん(せごどん)14話の動画まだ無料で見れる?(4月15日放送)

「西郷どん(せごどん)」14話(4月15日放送分)は将軍の事でユラユラしていた慶喜がつに決断する重要な回は見逃したくありませんが、もし見逃したらまだ無料で動画が見れる?

違法サイトの対策の進む中、新しいサイトや取り締まりの網をかいくぐって違法アップロードされる動画に惑わされずに、公式に認められたサイトで西郷どん(せごどん)14話の動画を堂々と視聴しましょう。

『西郷どん(せごどん)』14話の動画を無料で見れる?

アニメの実写化の作品も多く出演され、銭形警部も演じた鈴木亮平さんは、4月15日放送された「西郷どん(せごどん)」14話「慶喜の本気」でも熱演されています。

NHK大河ドラマの再放送は、土曜13時5分で、見逃したら家定とハリスの歴史的な瞬間に立ち会えない?

再放送を見逃して焦って違法サイトで視聴するの避けましょう!

西郷どん(せごどん)14話以外の動画や内容、振り返りたい方はこちら

スポンサードリンク

西郷どん(せごどん)14話の動画を見てはダメなサイト

悪質な動画サイトが増えてます。

Pandoratv-韓国、

Dailymotion-フランス、

MioMio-中国、

B9GOODとB9DM-中国に加え

9tsu-アメリカ

これらは全て海外のサイトで動画視聴に望ましくないサイトです。

これらのサイトはウィルス感染の報告があったり、恐れがあるサイトで、

いかがわしいポップアップやPCの故障を謳った偽の広告で、

怪しいサイトに誘導する手口は皆同じで、ハッキングや個人情報を狙われ危険です。

Youtubeで配信されているものは正規な動画ではなく、削除されない様に画質が悪かったり、極端に画面が小さかったりと、視聴に耐えません!

「西郷どん(せごどん)」 14話の動画は公式のサイトを利用しましょう。

西郷どん14話動画おすすめはU-NEXT

西郷どんはTverで配信されてなく、ほとんどの動画サイトでも配信に対応していないので、

U-NEXTの存在は貴重ですね。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、西郷どん(せごどん)の一話から最新話までが配信されています!

U-NEXT

31日間無料トライアル中は、見放題作品が無料で楽しめますし、見放題でない作品も、無料トライアル特典でもらえるポイントで今すぐ見れちゃいます!

U-NEXTでは西郷どん(せごどん)が一話216円で見れます。

という事はU-NEXTでは、西郷どん(せごどん)14話などが無料お試し登録時の特典ポイントを使って今すぐ視聴可能という事です

登録時にポイントがすぐ反映

またU-NEXT4アカウントまで作れて、同じ時間に別の動画を家族で楽しめます。

更にダウンロード機能を使えばオフラインで動画を再生できるのでデータ制限を気にせずに済みますよ!(作品による)

無料お試し31日以内に解約する場合の方法ですが、メニュー「設定サポート」⇒「契約内容の確認・変更」から手続きが可能となっています。

お試し登録時の特典ポイントで今すぐ「西郷どん(せごどん)」14話の動画を楽しみましょう。

U-NEXT詳しくはこちら

本作品の配信情報は2018年7月時点のものです。配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページをご確認ください。

『西郷どん(せごどん)』14話のあらすじ

「西郷どん(せごどん)」 14話は吉之助(=鈴木亮平)と正助(=瑛太)が、江戸と薩摩、それぞれの場所で斉彬(=渡辺謙)に尽くす事を誓い、ある田舎の道で分かれる所から始まります。

江戸城では、ハリス一行が土足で城に上がり、家定(=又吉直樹)の元に謁見を果たそうとしてました。

ハリスが外国の言葉で挨拶をすると、一段高い場所に西洋の椅子に座りながらそれを聞いていていた家定は、発作の様に足や体を動かし、ガタッと音をさせました。

それを不安な目で見守る井伊(=佐野史郎)や慶喜(=松田翔太)に構わず、家定はハリスに友好的な挨拶を答え、ハリスを喜ばせました。

しかし、家定の挨拶は止まらず、同じことを繰り返す家定に、ハリス一行は異様なものを見る目をして、傍らで慶喜は、見てられないと顔をしかめました。

家定の挨拶にはからくりがあり、それは篤姫が家定に挨拶の練習をさせていたからでした。

謁見が終わり篤姫の元にきた家定は、子供の様に、うまく挨拶ができた、事を篤姫に報告して、喜んでいる家定に篤姫は嬉しそうでした。

そして、篤姫にも自慢の挨拶をする家定は、篤姫に長い時を共にする言葉を贈り、篤姫は思わぬ言葉に目を見開いて喜び、それを傍らで見ていた幾島(=南野陽子)は目じりを下げ幸せな時を3人で過ごしてました。

その出来事の後、吉之助は福井藩主・松平慶永(=津田寛治)に斉彬の書状を渡し、慶永に仕える事を険しい顔で伝えました。

阿部正弘(=藤木直人の死が、計画に大きな打撃を与えている事を示唆する慶永は、水戸藩の斉昭(=伊武雅刀)がハリスの件から暴走気味で、それを井伊に利用され悪評を流されている事を懸念します。

なによりもこの計画の肝の慶喜が乗り気でない事を気にかける慶永は、吉之助に橋本佐内(=風間俊介)と共に慶喜を、その気にさせる様に命を出し、吉之助と佐内はその命に力強く答えました。

吉之助と佐内は、磯田屋の上の階にこもり、佐内が作った慶喜の評判が書かれた本を広めようと話し合います。

そこへ2人の行動が気になる慶喜が現れ、その内容に嫌気をさした慶喜は、その場で本をビリビリ破き磯田屋の池へ捨て、将軍になる事を断ります。

吉之助と佐内は慶喜の前にひざまずき、それでも将軍になる様に懸命に訴えます。

それに慶喜は、志の無い自分には不適格だと、本心を呟く様に話、それに佐内は、異国を知る慶喜は逃げている、と指摘し、苦い顔をする慶喜は一言言い放ち去ります。

それから間もなく、斉彬が幕府に建白書を提出して、その書について、慶喜を推奨する一橋派と、慶福を推奨する南紀派と別れ議論する事になりました。

自分の息子が将軍になる事が相応しいと書かれている書に喜ぶ斉昭は、同じ一橋派の慶永と盛り上がります。

対する南紀派は、その事に反発、斉彬が将軍擁立の事で意見する事にも嫌悪を示し、2つの派閥に挟まれる老中の堀田正睦は、口をあわあわさせ顔を青くするばかりでした。

その様子を黙って聞いていた井伊は、囲炉裏の炎に照らされた顔は何かを考えている様でした。

ある夜、吉之助と佐内は磯田屋で、佐内が隠し持っていた慶喜の評判本を、写す作業をして、夜更けに別れ外にでます。

妙な雰囲気に吉之助は、前に磯田屋で会った能面をつけた男に出会い、追いかけます。

人にぶつかり躓いた男を捕まえた吉之助の前に、井伊の家臣が現れ吉之助を井伊の元へ連れて行きます。

井伊の茶室へ連れて行かれた吉之助は、井伊が進めたお茶を疑いながらも飲み、その味に、美味い、と本音を呟き、茶の器も褒めます。

それに気を良くしたのか井伊は、吉之助の、篤姫の輿入れ道具を揃えた事や、磯田屋の行動、を認識している事を話します。

情報が知られている事を驚く吉之助ですが、井伊の考えに賛同できない事を伝えます。

斉彬達の行動にあからさまに嫌がる意志を示した井伊は、本題の、斉彬の内情を売る、話を吉之助に切り出します。

最初は、全くその気の無い話に歯を見せ聞き流していた吉之助は、自分の家族に危害が及ぶかもしれぬ話になると、井伊の汚さに怒りを露わにします。

吉之助はその脅しに激しい怒りが噴き出るのを、一旦天を仰いで息をして抑え、民を守る者にあるまじき行為、に井伊に見切りをつけます。

そして、感情的な目を井伊に向け、井伊の要請を断った吉之助は、井伊の意味ありげな言葉を聞かされその場を去ります。

所変わり、大奥では建白書をめぐり大騒ぎでした。

斉昭が大奥に入る事を嫌う本寿院(=泉ピン子)は、家定の輿入れも、慶喜を将軍にする事が目的だと気づいて怒り、篤姫の元へ家定が行かぬ様に妨害をします。

一方、篤姫と幾島が斉彬の行動に困惑している所、家定が篤姫を訪ねてきます。

篤姫は最後のチャンスとばかりに、家定に跡継ぎに慶喜を薦めますが、慶喜の名を聞いた家定はすぐに拒みます。

そこで篤姫は機転を利かした、「無事息災」を伝え、民や国を想う気持ちを家定に伝えると、篤姫の身を案じる家定はすぐに考えを変え、探しに来た本寿院に慶喜を次の将軍に迎える事を告げました。

大きく将軍後継ぎが動いたにもかかわらず、慶喜の態度はかわりませんでした。

吉之助が、民の為に命をかけてほしい、と懇願するも、慶喜は、自分と吉之助たちと命の価値が違う、と取り合わさず、難局に吉之助と佐内は顔を見合わせしかめるばかりでした。

その満月の夜、慶喜に危険が迫ります。

あの能面をした男が、寝静まった磯田屋に侵入して、寝ている慶喜を刀で刺しました。

慶喜は危険な雰囲気を察し、すでに起きていて、男が刺したのは、慶喜が身代わりに作った布団でした。

助けを呼び逃げる慶喜を、すぐに吉之助と佐内が守りに来て、吉之助は磯田屋に置いてある物で男の刀をしのぎます。

恐ろしさで一人、磯田屋の外へ駆け出した慶喜の前に、あの男が突然現れ刀で再度襲われます。

寸での所で避ける慶喜の前に、吉之助が現れ、吉之助と男がもみ合いに、しかし、振り回す男の刀に退いた吉之助のスキをつき、男は慶喜に迫ります。

逃げ道を失った慶喜に、男が刀を振り上げ絶体絶命の瞬間、吉之助は斉彬から貰った小刀の紐を解き、刀を振り上げた男の胴目がけて、小刀もろとも体当たりをします。

吉之助が男の顔を見ると、男は固まっていて、血の熱い感覚を実感していると、佐内が男が絶命した事を告げ、吉之助はとんでもない事をした事に、身を震わせ目を大きく開け、呆然として開けた口から、半狂乱に絶叫します。

人気の無い草が生い茂る川の側、男の遺体を川に捨てる慶喜と佐内の横で、吉之助は男の為に手を合わせます。

それを見た慶喜は自分を襲った者に気をかける事に怒りますが、吉之助はあの男にも自分と同じ様な、藩を想う志や家族ある事を泣きながら訴えます。

自分が将軍になると世が乱れると言う慶喜に、佐内が「民どころか国も危うい」と言い、吉之助を慰めます。

その様子を見ていた慶喜は、相変わらずの冷めた言葉をかけ、吉之助はそれに立ち上がりよろめきながら慶喜に迫りました。

そして、悲しみと怒りを表した様な厳しい顔をした吉之助は、命の大切は皆同じだけど慶喜には国を変え民を守る力がある、事を涙ながら訴えます。

吉之助の優しさに動かされた慶喜は、吉之助と佐内を連れいよいよ行動を起こします。

日が昇り、彦根藩邸に乗り込んだ3人は、井伊直弼と対面します。

慶喜は早速、自分が生きていた事に驚いているだろう、と皮肉を言いますが、井伊はいつもの様に能面の如く表情を変えません。

家定が慶喜を指名した話を始める井伊は、それでも慶喜が将軍になる事を断るのであれば、御三家の紀州を差し出す事を提案します。

その大きな提案に、吉之助と佐内は動揺して、吉之助は不安な顔をします。

その提案に慶喜は、落ち着き払い聞いていましたが、気にくわない事を言うと立ち上がり、整った顔を曇らせ、井伊の命令の様な態度を厳しく叱咤します。

さらに慶喜は井伊に近づき、今の態勢を通そうとする井伊に、眉間のしわを深くして大きな声で罵倒して、吉之助と佐内を驚かせました。

そして、将軍になる事かを明言した慶喜は、驚く吉之助の声に、いつもの様に粋に答えると、吉之助と佐内を連れ、彦根藩邸を後にするのでした。

『西郷どん(せごどん)』14話の感想や見所

慶喜が一気に将軍になった「西郷どん(せごどん)」 14話でしたね。

ハリスの謁見から始まり、江戸城、大奥、磯田屋、福井藩邸、彦根藩邸、と目まぐるしくシーンが変わり、早い展開に濃い内容でした。

建白書の事でウロウロ動く幾島を演じる南野陽子さん喜怒哀楽は、気持ちいいほどはっきりしてますね!家定に取り入ろうとして、えっ?と返されるシーンは笑ってしまいました。

篤姫を演じる北川景子さんの左目の上にしわを寄せ訴える演技は、心に響きますね!無表情の演技をする又吉さんが、本当に心に通じている様でした。

「陸王」で必死に走った風間俊介さんは、今回、吉之助と慶喜の為に奔走しました、破られた本を取り出して、吉之助と顔合わせて、目を生き生き見開いて口を喜びで広げ、喜ぶシーンは良かったですね!

回を重ねるごとに表情の演技が激しくなる鈴木亮平さん、吉之助の真っすぐで主人想い、そして、とても優しい演技は大変そうですね。

目をむきだして怒り、額に筋やしわを作りなが泣き、その上、井伊の受け答えでは相手に騙されない様に、笑顔と真顔を行き来したり、慶喜には悲しみと怒りと、身分の高い者に訴える様な複雑な表情を作る鈴木さんに驚かされてばかりですね!

「99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II」最終回でいわくつきの政治家役で出演されていた佐野史郎さん、ポーカーフェイスで暗殺や脅しを指示する井伊が似合いますね。

物静かですが、佐野さんのスラスラ一定の調子で流れるセリフと、何か考える目が井伊の強い陰謀を表現している様です。

遂に動きだした慶喜ですが、いつも苦々しい顔をしていた松田翔太さんが、太く鋭い声を上げ井伊を一喝するシーンは、苦しめられた吉之助の仕返しをする様で、スッキリしました!

そして、粋がった最後のセリフが松田さんらしい感じがして、良かったです。

『西郷どん(せごどん)』14話のネット上の感想

今回も様々なコメントが飛び交う「西郷どん(せごどん)」 14話のネットの反響を紹介します。

正直者を絵に描いた様な性格がここで出ていた様な気がします、斉興の茶菓子も食べていたら同じ事を言っていたのか気になります。

将軍になっても粋人でいそうですね、松田さんの演技は粋で上品な感じが良いですね!

斉彬の刀がここで役立つとは思いもしませんでした、鈴木さんの驚く演技はリアルでした。

ネットならではの反応、遺体を破棄した慶喜と佐内もお咎めが来るのでしょうか。

視聴者は細かい所までチェックされてますね、「西郷どん」を隅々まで楽しみ尽くしたいですね!

『西郷どん(せごどん)』14話の動画ならU-NEXT

西郷どん(せごどん)14話の動画を見るならU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTのメリット

・31日間お試し無料

・お試し登録時にもらえるポイントで「西郷どん動画14話」が今すぐ見れる

・70誌以上の雑誌が読み放題

・4アカウント作れて、家族で同時に別な動画の再生OK

・オフラインで動画の再生が可能

西郷どん(せごどん)』14話の動画を今すぐ見るならU-NEXTです!

U-NEXT詳しくはこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする