西郷どん(せごどん)15話の動画を無料で見れる?4月22日放送分

「西郷どん(せごどん)」15話(4月22日放送)は、やっせんぼと言われ、相撲で勝利し、念願の殿の元で働く事が叶った吉之助に、とても辛い出来事が起きますので何としても見逃せませんが、見逃したらまだ無料で動画が見れる?

しかし、その辛い出来事は「西郷どん(せごどん)」の新しい物語の始まりでもあり、次に進む重大な話とも言え、何としても視聴しなければなりません!

衝撃の展開に視聴者も様々な反響がある西郷どん(せごどん)の動画が無料で見れる?

『西郷どん(せごどん)』15話の動画を無料で見れる?

大先輩の渡辺謙さんから大河ドラマの指導を受けた鈴木亮平さんが主演の「西郷どん(せごどん)」15話「殿の死」は4月22日に放送されました。

遂に吉之助の命よりも大事な斉彬が倒れ、幕府、各藩、そして、吉之助ら多くの尊敬する藩士や関係者に動揺が広まります。

再放送は土曜13時5分の予定で、見逃したら斉彬最後の舞台を見られません!

西郷どん(せごどん)15話以外の動画や内容、振り返りたい方はこちら

西郷どん(せごどん)15話の動画を見てはダメなサイト

有名な配信サイトYoutubeですら「西郷どん(せごどん)」15話(本編)の正規ではない動画が画質を悪くして配信されていますが、動画を削除されたりしていますが、より良い画質を観たいからといって、海外のサイトを利用するのは非常に危険です!

9tsuはアメリカのサイト、

Dailymotion-フランスサイト、

MioMioは中国サイト、

B9GOODとB9DMも中国サイト、

Pandoratv-韓国サイトです。

上記の海外サイトなどではリスクの恐れがあるものから、利用してウィルス感染を引き起こしたものまであります。

ボタンに広告を仕込みウィルス感染を引き起こす操作を促すなど、あの手この手でハッキングや個人情報を盗み取ろうとしている可能性があり被害の報告もあります。

上記のサイトを見ていると

「ファイルが破損しました。インストールして更新して下さい」

などのドキっとするメッセージが出る場合があります。(サイト管理人経験済みです)

ここで何かインストールすると危険ですので、安易にインストールしたりしないでください。

私は上記のようなメッセージが出たときに何もせず無視しましたが、今のところPCやスマホの不都合や被害の形跡はありません。

この様なリスクを冒さなくても無料で「西郷どん(せごどん)」15話動画を視聴する方法があります!

西郷どん15話の動画おすすめはU-NEXT

西郷どんはTverで配信されてなく、ほとんどの動画サイトでも配信に対応していないので、

U-NEXTの存在は貴重ですね。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、西郷どん(せごどん)の一話から最新話までが配信されています!

U-NEXT

31日間無料トライアル中は、見放題作品が無料で楽しめますし、見放題でない作品も、無料トライアル特典でもらえるポイントで今すぐ見れちゃいます!

U-NEXTでは西郷どん(せごどん)が一話216円で見れます。

という事はU-NEXTでは、西郷どん(せごどん)15話などが無料お試し登録時の特典ポイントを使って今すぐ視聴可能という事です

登録時にポイントがすぐ反映

※2~3分くらいで簡単に登録できますよ!

またU-NEXT4アカウントまで作れて、同じ時間に別の動画を家族で楽しめます。

更にダウンロード機能を使えばオフラインで動画を再生できるのでデータ制限を気にせずに済みますよ!(作品による)

雑誌も70誌以上も読み放題。

無料お試し31日以内に解約する場合の方法ですが、メニュー「設定サポート」⇒「契約内容の確認・変更」から手続きが可能となっています。

お試し登録時の特典ポイントで今すぐ「西郷どん(せごどん)」15話の動画を楽しみましょう。

U-NEXT詳しくはこちら

本作品の配信情報は2018年7月時点のものです。配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTホームページをご確認ください。

『西郷どん(せごどん)』15話のあらすじ

京都に近衛忠煕(=国広富之)の話を聞きに来た佐内(=風間俊介)と吉之助(=鈴木亮平)は、天子様の詔(みことのり)を、「慶喜(=松田翔太)を将軍にする」と解釈して皆で喜び、月照(=尾上菊之助)の美しい歌を、目を閉じて聞いた吉之助と佐内は嬉しさに勇み足気味にその場を去ります。

しかし、吉之助らが去った後、月照の数珠がバラバラと珠を落とし「西郷どん(せごどん)」15話は不吉な始まり方をします。

江戸城では慶喜擁立の件から、心を通わせる篤姫(=北川景子)と家定(=又吉直樹)は、家定が描いた柿の絵から、篤姫は薩摩から柿を取り寄せようと磯島(=南野陽子)と話ていた、その時、家定は持病の脚気を悪化させ、その場に倒れてしまいました。

病床の家定の周りに、多くの家臣が集まっている所、井伊直弼(=佐野史郎)が家定の側に近づきます。

そして、井伊は眠る家定を起こし、耳元で自分が有利になる様な遺書を書くように家定に囁きます。

しかし家定は柿の絵を描き、これを篤姫に食べさせてくれ、と頼みます。

その時、井伊はそれを利用する事を閃き、自分に全て任せて下さい、と言うと、家定は「頼む」と大きな声で答え、控えていた家臣は家定が井伊に権限を委ねたと勘違いしたのでした。

その演技は成功して、井伊は大老に昇格して、権限を掌握、すぐに各藩主を集めると外国に和睦を進める意向を示し、反論する徳川斉昭(=伊武雅刀)の言葉を遮り、慶福を将軍にする事を告げました。

朝廷のお墨付きが覆った事に驚く斉彬(=渡辺謙)ら。

一方、京都ではそれが彦根藩が朝廷に近づいていた事から起きた事態で、それを聞いた吉之助は、薩摩に戻ると言い、ショックでフラフラしながら急いで京を去ります。

その事に怒ったのは斉昭だけではありませんでした。

篤姫は、井伊が病床の家定に無理やり井伊の思い通りの政策に仕向ける様にした、と疑い、遺書を見せる事を拒んだ井伊の態度に、怒りを爆発させ厳しい声を発するのでした。

そこに井伊が擁立した慶福がやってきて、篤姫に礼儀正しく挨拶をしました。

信じたく無い事態に厳しい顔のまま心無い挨拶をする篤姫とは逆に、慶福が選ばれた事に喜ぶ本寿院(=泉ピン子)と、思い通りに事が運び調子に乗っている井伊は慶喜を嘲る冗談を言い、歌橋(=猫背椿)らと三人でせせら笑うのでした。

薩摩に戻る吉之助は飛脚よりも速く走り、途中で斉彬が語った夢を思い出しながら、山道に転げ落ち、濃くなる髭や、伸びる髪に構わず、足を引きずりながら斉彬の元へ辿りつきます。

吉之助は無念の感情を抑えながら声を振り絞って、将軍擁立に敗れた事を報告しようとすると、先に手紙で内容を把握している斉彬は、吉之助の汚い恰好と泣きそうな顔を見て、「情けない恰好だ」と笑い、敗北に投げやりな態度をしてその場を去ります。

馬に乗って移動する斉彬を見て、百姓は感謝を込める様にその場にひざまずきます、それを見た斉彬は自分が民を守れなかった事を悔い、顔を歪めました。

斉彬を足を引きずりながら追いかけた吉之助は、幼少期に斉彬に助けられた思い出の場所に辿りつきました。

そこで斉彬を見つけた吉之助は、斉彬に改めてどこまでも仕える決意を述べますが、斉彬は江戸から送られてきた書状で、斉彬が造った工場を廃止する命が書かれていた事に絶望し、天に見放され民や国を豊かにできなかったと語ります。

斉彬の悔しさが自分の悔しさの様に、口を少し開け情けない目をして泣きながら話を聞く吉之助に、斉彬は「お庭方の任を解く」と命令し、固まる吉之助を置いてその場を去るのでした。

ショックを隠し切れない出来事に、吉之助は引きずった足を家族のいる実家へ向け、意外に早い吉之助の帰郷に喜ぶ家族に、なりふりかまわず殿から任を解かれた事を詫びます。

その夜、庭で呆然とする吉之助に正助(=瑛太)が語りかけ、それに吉之助は、一生懸命に斉彬に尽くしたが願いが叶わなかった事を、悔しさで涙を溢れながら語り、頭を下にしてすすり泣きます。

それを見た正助は、「やっせんぼ!!」と言い放ち、いつも人のできない事をやってのけた吉之助は、一つ二つの失敗でくじける男じゃないと励ますと、より感情的な眼差しをして、挫折した斉彬を奮い起こせるのは吉之助だと願いを託しました。

あくる日、正助の言葉に思い立った吉之助は、髭を剃り落とし、髪を整え、西郷家の庭先で吉次郎(=渡部豪太)とともに、郷中の子供らに相撲や剣術の指南を始めます。

一方、井伊が権力を振るい家臣をひざまずかせる江戸城では、家定が死去し、その訃報に驚く磯島と篤姫は、形見の柿の絵を見て悲しみの涙を流すのでした。

吉之助は、斉彬が心血を注いで造った反射炉や大砲をみて、斉彬と送った日々を思い出しながら考えていると、ある事を閃きます。

その夜、昔から大切にしているローマ字の書かれた紙を見ながら正助の励ましの言葉を思い出した吉之助は決心を固めました。

夢破れ、力を入れてきた開発品に当たる斉彬は、昼はティーカップを片手に昔の事をぼーっと思い出すだけの日々を送っていました。

斉彬が書をしたためようとしていると、吉之助が大勢の家臣に止められながらも、物凄い勢いと力で家臣を引きずりながら、斉彬の元に迫りました。

並々ならぬ意気込みに斉彬は家臣を吉之助から離すと、吉之助の訴えを聞きます。

吉之助はグイッと斉彬に迫ると、詔を改める事を目的として、鍛え上げられた薩摩の兵を京都に挙げて朝廷の前で決意を表明する事を進言します。

その言葉にスイッチが入った様に目を動かし考えた斉彬は、幕府と朝廷が協力して異国に立ち向かう様に詔を改める事を、徐々に勢いを取り戻し言い放ちます。

考えを一致させた吉之助と斉彬は、井伊に不満を持つ各藩を味方につけ、幕府と争うことなく改革を実行する、結論に達しました。

そして、斉彬はひざまずく吉之助を持ち上げて立たせ、歓喜に溢れる顔をしながら、吉之助の顔をペチッと手でこねる様にして触り、「やっせんぼに教えられた」と喜びを爆発させます。

初めての進言が通じて、元気になった斉彬を見た吉之助は、真面目な顔を保とうとしても喜びのあまり涙をこらえる事ができず、それを注意する斉彬の目も沸き上がる感情を抑える事はできませんでした。

斉彬は、すぐさま京に行く事、その道中に井伊に不満のある諸藩に声をかける事、詔を改める為、近衛に伝え天子様に話を通してもらう事、など吉之助に力強く命を伝えます。

さらに力強く京での再会を約束した斉彬は、再び吉之助を止め、喜ぶ様な真剣な様な不思議な顔をして、見開きっぱなしの目で吉之助をまじまじと見ると、「お前はワシになれ!と伝えます。

その言葉に何かを引き継いだ様に感じた吉之助は、キリッと上げた眉をさらに上げ、眉間のシワを深くして、睨みつける様な真剣な眼差しをいつまでも斉彬に向け、後ずさりすると先を急ぎ駆け足で去りました。

吉之助は、正助や有馬、など5人を集め、信頼する正助に便りをよこす事を約束すると、気合いの入った掛け声を発し、5人と一致団結します。

京で薩摩藩邸宿・鍵屋で斉彬を迎える為、吉之助は奔走します。

吉之助が月照と佐内と話していると江戸に居るはずの有村俊斎(=高橋光臣)が、薩摩の守が病に倒れた、と嘘をついてここに来たと現れます。

その嘘は的中して、薩摩で演習中の斉彬は馬から降りると、すぐに倒れ、朦朧とする意識でろれつの回らない言葉で、西郷、を言い残し、これから成し遂げなければならない大きな仕事を前に、この世を去るのでした。

『西郷どん(せごどん)』15話の感想や見所

大きな転換期を迎えた「西郷どん(せごどん)」15話に俳優の演技も熱を帯び、見応えのある回だと思いました!

幸せを笑顔で表現していた篤姫を演じていた北川景子さん。

将軍擁立の失敗で顔を曇らせるも家定を想う気持ちから、井伊に発した声が、低く鋭く響く、怒りで震える様な気持ちがにじみ出ている様でした。

そして、家定を失い、悲しみに静かに、額に筋をつくり押し殺した様に涙を一滴流す演技は切なく、磯島がそれを見て同じ様に涙を流すシーンは、井伊にないがしろにされた家定の無念を思わせました。

それとは正反対に、慶喜を良く思わない本寿院を演じる泉ピン子さんの、見下して嘲る声が憎らしく感じ、流石の鬼姑だと感心しました!

事を上手く運んだ井伊の、病床の家定とのやり取りは見所の一つですね。

佐野史郎さんの重々しいポーカーフェイスが、話の噛み合わない家定との会話を面白くしている様で、絶妙なタイミングで無理やり会話成立させ、周囲の家臣をどよめかせるシーンは滑稽でした!

井伊にしてやられ、吉之助の動揺ぶりが凄いですね、薩摩に急ぐあまり転げ落ち、斉彬との思い出を挟む演出は、計画がご破産した焦りを強く表現している様です。

斉彬に指摘された吉之助の顔は本当に情けない顔でしたが、正助の励ましを受け、斉彬に進言する時には、別人の様に雄々しい顔になり、鈴木亮平さんの自在に顔を操る演技にはいつも驚かされます!

半裸で子供に指南するシーンの鈴木さんの肉体は、とても引き締まり完成された様で、その肉体の様に演技も日々向上させ、あの命をかけた進言のシーンを、力強い声や上目使い、唾をはきながら重く発せられる口、で演じたと考えると胸が熱くなりました。

絶望から打ちひしがれる斉彬が、吉之助の言葉で全身に血を通わせ喜び、勢いを復活させる、渡辺謙さんの演技は凄まじかったですね!

渡辺さんの斉彬は子供の様な無邪気にはしゃぎおどけた様な顔が印象的で、一つ一つの演技が生き生きしながらも、低く早口だけどはっきりした声で的確に指令を出したり、感情で声を震わせ熱く語る演技は、斉彬の大きな存在を表現していました。

今回の一番印象に残る進言のシーンは、「西郷どん(せごどん)」スペシャルで紹介されていた、渡辺謙さんが鈴木亮平さんに、大河ドラマの主演を一人でやり抜く事を伝え、引き継がせた事が、ドラマの斉彬と吉之助に繋がっている様でした。

西郷どん(せごどん)15話のみんなの感想ツイッター

衝撃的なラストシーンに驚く声が多い「西郷どん(せごどん)」15話、新しい展開にを楽しみにする声も賑やかしてます。

遂に「西郷どん(せごどん)」から別れる日がきましたね、大きな存在だけに寂しさも計り知れません。

大河ドラマの視聴者は、やはり戦いを望むのでしょうか、幕末の時代を「西郷どん(せごどん)」ではどう映すのか期待したいですね!

子供みたいな又吉直樹さんの家定と、しっかり者の北川景子さんの篤姫の、微笑ましかったですが、今回で又吉さんもいなくなるので寂しいです。

北川景子さんの演技は迫力が増している様で、このセリフは力強くカッコよかったですね!それにしても、佐野史郎さんはいつも誰かに怒られていますね。

『西郷どん(せごどん)』15話の動画ならU-NEXT

全く見逃せない展開の西郷どん(せごどん)15話の動画を見るならU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTのメリット

・31日間お試し無料

・お試し登録時にもらえるポイントで「西郷どん動画15話」が今すぐ見れる

・70誌以上の雑誌が読み放題

・4アカウント作れて、家族で同時に別な動画の再生OK

・オフラインで動画の再生が可能

西郷どん(せごどん)』15話の動画を今すぐ見るならU-NEXTです!

U-NEXT詳しくはこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする