西郷どん(せごどん)16話の動画を無料で今すぐ見れる?4月29日分

斉彬の死で大きく物語が動こうとしている「西郷どん(せごどん)」16話(4月29日放送分)「斉彬の遺言」は今回も悲しい別れがありそうですが、見逃したら無料配信動画が今すぐ見れる方法がある?

16話では吉之助、月照、慶喜、直弼、そして佐内らの運命が大きく動きます。

今回も絶対に見逃せない西郷どん(せごどん)16話を見逃したらは、安全に無料動画が今すぐ見れるでしょうか?

『西郷どん(せごどん)』16話の動画を無料で見れる?

渡辺謙さんからバトンを渡された鈴木亮平さん、「西郷どん(せごどん)」16話、「斉彬の遺言」でも全力の演技で魅せてくれます!

西郷どん16話の放送日は4月29日、再放送は5月5日土曜13時5分の予定です。

見逃したら後悔する事間違いなし!でも、違法な動画視聴はやめましょう。

西郷どん(せごどん)16話以外の動画や内容、振り返りたい方はこちら

西郷どん(せごどん)16話の動画を見てはダメなサイト

海外で、Dailymotion-フランス、

MioMio-中国、

B9GOODとB9DM-中国、

Pandoratv-韓国、

9tsu-アメリカ

などの動画サイトがありますが、

全て違法にアップロードされた動画を扱う海外サイトです。

違法と知りながら利用する人もいるのが悲しいですね、その結果、ハッキングや個人情報を盗まれ、深刻な被害を被る人が続出しています。

また、Youtubeでも正規な動画ではないものがアップされている時があり、その動画見るに堪えない動画ばかりです。

これらの悪質なサイトや、クオリティの低い動画に惑わされずに、公式で認められたサイトで「西郷どん(せごどん)」16話動画を視聴しましょう。

西郷どん(せごどん)16話動画おすすめはU-NEXT

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、西郷どん(せごどん)の一話から最新話までが配信されています!

U-NEXT

31日間無料トライアル中は、見放題作品が無料で楽しめますし、見放題でない作品も、無料トライアル特典でもらえるポイントで今すぐ見れちゃいます!

U-NEXTでは西郷どん(せごどん)が一話216円で見れますが・・・

という事はU-NEXTでは、西郷どん(せごどん)16話などが無料お試し登録時の特典ポイントを使って今すぐ視聴可能という事です

登録時にポイントがすぐ反映

※2~3分くらいで簡単に登録できますよ!

U-NEXTでは無料お試し期間中に解約すると料金もかからないので始めやすいですね!

またU-NEXT4アカウントまで作れて、同時に別の動画を家族で楽しめます。

更にダウンロード機能を使えばオフラインで動画再生できるので通信制限を気にせずに済みますよ!(作品による)

雑誌も70誌以上読み放題。

無料お試し31日以内に解約する場合の方法ですが、メニュー「設定サポート」⇒「契約内容の確認・変更」から手続きが可能となっています。

お試し登録時の特典ポイントで今すぐ「西郷どん(せごどん)」16話の動画を楽しみましょう。

U-NEXT詳しくはこちら

本作品の配信情報は2018年7月時点のものです。配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページをご確認ください。

西郷どん(せごどん)16話のあらすじ

京都の薩摩藩邸宿・鍵屋で吉之助(=鈴木亮平)は、斉彬とその大軍を迎える準備が整い、有村俊斎(=他じゃ橋光臣)やその準備をした同士に礼を述べ酒を振る舞う所から「西郷どん(せごどん)」16話が始まります。

そこへ月照(=尾上菊之助)が深刻そうな顔をして現れますが、浮かれていた吉之助はしばらくそれに気づきませんでした。

薩摩からの急ぎの書状を渡してきた月照の顔は、より青ざめ、ただ事ではないと察した吉之助は、その書状を読むとすぐ固まり、書状の内容を否定するしかできませんでした。

驚き大きな声をあげる有村を置いて、吉之助は裸足のまま、自分の心情の様な大雨にうたれ、行き場の無い気持ち吐き出す様に声を出し続けました。

翌日、近衛(=国広富之)の元へ集まった吉之助らは、斉彬(=渡辺謙)の死因の事を話していると、有村が、毒殺した者を探し報復する、と興奮気味で吉之助に同意を求めます。

以前、斉彬に有村と同じ事を言って怒りを買った吉之助は、そんな暇は無い、と言い捨て、斉彬の計画を遂行すべく近衛に、薩摩の代わりに水戸藩に兵を出してもらう様にしたい、と申し出ます。

斉彬の意志でも宿った様な目つきをした吉之助は、斉彬に進言した時と同じく皆を納得させる計画を考え出したのでした。

吉之助の勢いに圧倒されながらも計画を察した近衛と月照は、水戸藩から兵をださせる様に詔を賜る事を約束しました。

そして、新しい詔を承り、朝廷も井伊直弼(=佐野史郎)の行いに否定的な事を近衛が伝えると、互い同じ志を強く持つ吉之助と佐内(=風間俊介)は見つめ合い、月照の忠告を胸に実行に移します。

一方、朝廷の怒りを知る慶喜(=松田翔太)は、井伊に忠告を与える為に江戸城に話し合いにきました。

しかし、権力を持った井伊は、怒る慶喜に顔一つ変えず、うわべだけ丁寧に対応して、しまいには、恐れ入り奉ります、を何度も繰り返すだけになりました。

井伊の通り一遍の態度に、慶喜は怒るも何もできず、ただ整った顔を歪め、こらえるしかできませんでした。

江戸に急いで向かう吉之助は、雨の山道に転び、斉彬に貰った刀を見て、その前の持ち主の事を想い天を仰ぐと、気持ちを振り切る様に歯を食いしばり雨の山を走ります。

吉之助の努力は空しく、井伊の所業に業を煮やした斉昭(=井部雅刀)は慶永(=津田寛治)とともに江戸城に乗り込み、井伊から慶喜と同じ対応を受け、その上、自分の屋敷から出られない様に命令を下され、返討ちに会いました。

そんな事も知らず、水戸藩に門前払いされた吉之助は、慶喜の力を借りようと磯田屋に向かいます。

何としても斉彬の意志を守りたい一心の吉之助は、意固地に曲がった唇と、哀しみを含んだ目に異様な光を宿し、慶喜に迫りました。

将軍の継承に失敗した慶喜は、もう関係が無い吉之助でしたが、その思いつめた顔、を見ると話しを聞かずにはいられませんでした。

斉昭の事、さらに慶喜も同様の命令が下り、慶喜は諦める事を吉之助に伝えます。

全ての望みが断たれた吉之助は、斉彬の意志を貫く為に、がむしゃらに案を出し、半ばわめきながらに慶喜に頼みますが、冷静に事を見極めている慶喜は、斉彬の存在は大きかった、と伝え、その言葉に放心する吉之助に、今生の別れの如く別れを告げ、振り払う様に去りました。

慶喜の言い放った事実に、目の落ち着く所がなく明るい空を見上げる吉之助は、何かを吐き出す様に空けていた口から、とても弱々しいか細い声を漏らし、大きな存在を失った事実に身をよじらせるのでした。

吉之助と慶喜の様子がいつもと違う事に気が付いていたふき(およし=高梨臨)は、慶喜が現れると強引に一緒に逃げ出そうと誘います。

ふきの突然の駆け落ちの話に戸惑うも、一途な心を感じた慶喜は、ふきを元気づける為か再会の約束をして、船に乗り込み名残惜しそうに磯田屋を見上げました。

気丈に明るく振る舞っていたふきは、慶喜が去ると、2度と会えない寂しさからか、眉を寄せ悲しい顔をして慶喜を想います。

この二人の別れの原因を作った井伊は、新しい詔を読み、慶喜らに無表情で振る舞ってきた顔にしわを寄せ、主膳(=神保悟志)に対策を求めると、主膳はこの詔を作る様に仕向けた者を捕らえる案を出します。

安政の大獄の始まりです。

吉之助からの話を聞いた、近衛らは計画の失敗に涙を流し、悔しさに声をあげました。

その夜、吉之助は斉彬の刀を前にして思いつめていると、月照が部屋に入ってきました。

月照は吉之助の気持ちを見透かし伝え、それに吉之助はそれまで深く沈んだ顔を和らげ気持ちを吐き出します。

感情で潤んだ美しい瞳を見開いて月照は、斉彬の代わりをしなさい、と吉之助に伝えます。

それまで曖昧な表情をしていた吉之助は、ショックを受けた様に目を開いて、傾きかけた気持ちを少し立て直しました。

井伊が自分の政策に反発する者を厳しく取り締まる中、その矛先が月照に向かいます。

皆に迷惑が及ばない様に幕府に出向こうとする月照を、吉之助は助けてもらった恩を返そうと必死で考え、薩摩に月照をかくまう提案をしました。

旅の支度を終えると、佐内は吉之助に、病んだ日本を治す夢を語り、吉之助、月照、有村、の乗った船を宵闇の川に送り出します。

吉之助らを送った佐内の前に、主膳と幕府の役人が現れ、吉之助と江戸で落ち合う約束をした佐内は、抵抗するも大勢の役人に捕らえられ、その叫び声が夜の江戸に響きました。

幾日が経ち、長い山道と幕府の包囲網に心身を削る三人は、ある寂れたお堂を宿にしました。

ある気持ちから寝付けない吉之助は、フラフラとお堂の外へ出て、斉彬が亡くなった後の記憶を蘇らせます。

月照に励まされた事、慶喜に諭された事実、これらの記憶がせめぎ合っていましたが、慶喜の言葉が優勢になると、吉之助は斉彬の恋しさをポロリと口にします。

そして、スルスルと斉彬の刀の紐を解き、暗闇に光る刀剣が表れた時、亡き主の声が吉之助の耳に入りました。

吉之助は振り返ると、信じられない光景に目をむき出しにして見つめます。

うっそうとした草木の中に、大きなマントをすっぽりと羽織った斉彬が、月明かりに照らし出されてました。

会いたかった斉彬が目の前に現れ、吉之助ははち切れんばかりの感情があふれ出し、殿、を情けなく弱々しい声で連呼します。

その斉彬はマントを広げ懐を見せ、吉之助を迎える様に、優しく微笑むと、吉之助は、どうにも抑えられずに斉彬の元に駆け寄りました。

吉之助が斉彬のマントに包まれようとした時、フっと斉彬は消え、誰もいない山で吉之助は枯れ葉が散乱する地べたに手を着き、自分を置いて消えた主に子供の様にわめきます。

涙をとめどなく流し、封印した想いをぶちまけた吉之助は、幻想の言葉に勇気づけられ、生きる事を約束して感謝します。

その様子を月照は、ただ黙って見守るのでした・・・

西郷どん(せごどん)16話の感想や見所

「西郷どん(せごどん)」16話は、希望に満ちた前回とは真逆の絶望の回でしたね。

吉之助の斉彬を消失して無理をして、時折、思いが爆発する鈴木亮平さんの演技は、大きな物を失う悲しみを表現してました。

その悲しみが溢れるシーンの、顔をクシャクシャにして弱々しい声が、今まで放送された泣くシーンとは、比にならないほど情けなく、悲しかったです。

鈴木さんの表情に凄みが増してきた様で、目つきや、鼻、頬、額、などの顔の筋肉が、斉彬が亡くなり気を張っていた時やこわばっている時はピンと引き締まり、緊張が切れた時の緩んだだらしない顔は、斉彬という命を失った藩士の姿でした。

井伊に責め返されピンチに陥った事で自暴自棄になった慶喜は、吉之助の願いは聞けず、ふきの愛も受け入れられず苦しんでいたと思います。

慶喜を頼る吉之助や、ふき、にきっぱりと断る所は慶喜らしいですが、松田翔太さんの微妙な目や口の動きや、行動、口調、などが、隠れた感情を表現していて、慶喜の、親しい者に力を貸したい、人格がにじみ出てました。

対する、井伊は権力を手にして歯向かう者を、すぐに罰する独裁的な動きが目立ちましたね。

佐野史郎さんの感情のこもっていない口調で、同じ言葉を繰り返す態度が人を見下し、憎らしいキャラを作っていて上手いと思いました!

「コンフィデンスマンJP」で歯向かう部下に容赦しない社長も演じられてますが、「西郷どん(せごどん)」でも裁かれる時が来るのでしょうか?

今回唯一の明るいシーンの月照と虎のやり取りは、虎を演じた近藤春菜さんの薩摩言葉を使う吉之助への突っ込みが光りましたね。

全体的に重たい話でしたが、安政の大獄で散り散りになる吉之助や仲間が、俳優の細かな心理描写によってストーリーを盛り上げていたので良かったと思います。

西郷どん(せごどん)16話のネット上の感想

悲しく辛い「西郷どん(せごどん)」16話、俳優の熱演と意外に演出に突っ込むコメントが目立ちました。

まさかの渡辺謙の再登場に驚きましたね、あのマント姿はインパクトありました!

俳優の演技についてのコメントも沢山ありました、風間俊介さんの最後の叫びは無念の念が込められてましたね。

佐野史郎さんのこのセリフ、視聴者の反響も多く、意地悪い感じが伝わります!

今回はいつにも増して激しい感情を表現する演技が多かったですね、鈴木亮平さんの様々な演技別にファンができそうです。

西郷どん(せごどん)16話の動画ならU-NEXT

井伊直弼の思い通りに進んでしまう見逃せない展開の西郷どん(せごどん)16話の動画を見るならU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTのメリット

・31日間お試し無料

・お試し登録時にもらえる分ポイントで「西郷どん動画16話」が今すぐ見れる

・70誌以上の雑誌が読み放題

・4アカウント作れて、家族で同時に別な動画の再生OK

・オフラインで動画の再生が可能

西郷どん(せごどん)』16話の動画を今すぐ見るならU-NEXTです!

U-NEXT詳しくはこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする