西郷どん(せごどん)動画24話を無料でまだ見れる?(6月24日地の果てにて)

西郷どん(せごどん)24話(6月24日)「地の果てにて」は、前半幸せな吉之助が後半は大ピンチになる回で、もし見逃したら24話動画を無料でまだ見れる?

西郷どん(せごどん)24話は、最愛の妻・愛加那とつかの間の再会が悲しくなるむごい罪人扱いの吉之助を見てない方は無料動画で視聴できるかな?

今回は、西郷どん(せごどん)24話が無料で動画視聴できるか、あらすじ(ネタバレ)、感想、ツイッター口コミと共に紹介します。

西郷どん(せごどん)24話動画を無料で見れる?

「西郷どん(せごどん)」24話「地の果てにて」は6月24日に放送され、再放送は6月30日の13時5分からの予定です。

囚われの身の吉之助(=鈴木亮平)、そこに川口雪篷(=石橋蓮司)が現れ、独特な喋り方で内心を抉る様に吉之助をいたぶります、それでも頑なな吉之助の唇に熟練の業が命を繋げます!

見逃せない男らの生きざま、もし見逃してしまったら、無料であの瞬間を動画視聴できるのでしょうか?

西郷どん(せごどん)24話以外の動画や内容、振り返りたい方はこちら

前回23回の振り返りはこちら

西郷どん(せごどん)24話動画を探さないで!

「西郷どん(せごどん)」24話が無料で簡単に視聴できるからと言って、

以下のサイトに入っては危険です。

Dailymotion(デイリーモーション)・・フランスのサイトです

パンドラTV(PANDORA)・・韓国のサイトです。

9tsu・・アメリカのサイトです。

MioMio・・中国のサイトです。

B9DM・・中国のサイトです。

B9GOOD・・中国のサイトです。

これら「海外の動画配信サイト」はTV番組を違法にアップロードしています。

「著作権の侵害」です。

更に、これらのサイト利用していると

「ウィルスに感染しました。今すぐをこのファイルをインストールして下さい」

などと「えっ」と思うような表示がされることがあります。(サイト管理人も経験済みです)

このメッセージが表示されてもインストールなど決してしないでください。

再起動をしたり履歴やキャッシュの削除などで対応しましょう。

ただし、実際に

ウィルスに感染したり

個人情報を取られたり、

ハッキング被害にあったという報告も出ているようです。

また、YoutubeによくあるTV番組動画は、違法性から逃れるため苦肉の策の動画で、

「画像サイズが小さい」、

「画質・音質が粗い」など視聴するに堪えません。

わざわざハイリスクなサイトで視聴することはオススメできません!

安全な公式サイトで正規に配信されている「西郷どん24話動画」を視聴しましょう!

西郷どん(せごどん)24話動画:NHKオンデマンドは有料

NHKオンデマンドとは、NHKが放送した番組をパソコンやスマホ、タブレット、テレビで視聴できる有料動画配信サービスです!

西郷どん(せごどん)の各一話購入の場合は216円から購入できます。

視聴期間は購入後1日間です。

また、見逃し見放題パックは月額972円でNHKの500から600番組を視聴することができます。

見逃し見放題パックは、大河ドラマや連続テレビ小説など、西郷どん以外の番組を見たい方におすすめです

いずれにしても西郷どん(せごどん)24話動画はNHKオンデマンドでは有料です。

西郷どん(せごどん)24話動画おすすめはU-NEXT

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、西郷どん(せごどん)24話はもちろん一話から最新話までが配信されています!

U-NEXT

31日間無料トライアル中は、見放題作品が無料で楽しめますし、見放題でない作品も、無料トライアル特典でもらえるポイントで今すぐ見れちゃいます!

U-NEXTでは西郷どん(せごどん)が一話216円で見れますが・・・

という事はU-NEXTでは、西郷どん(せごどん)24話などが無料お試し登録時の特典ポイントを使って今すぐ視聴可能という事です

登録時にポイントがすぐ反映

※2~3分で簡単に登録可能ですよ!

またU-NEXT4アカウントまで作れて、同時に別の動画を家族で楽しめます。

更にダウンロード機能でオフラインで動画再生できるので通信制限を気にせずに済みますよ!(作品による)

雑誌読み放題70誌以上!

高品質の音と映像が楽しめます!

無料お試し31日以内に解約する場合の方法ですが、

メニュー「設定サポート」⇒「契約内容の確認・変更」から手続きが可能となっています。

お試し登録時の特典ポイントで今すぐ「西郷どん(せごどん)」24話の動画を楽しみましょう。

U-NEXT詳しくはこちら

本作品の配信情報は2018年7月時点のものです。配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページをご確認ください。

西郷どん(せごどん)24話のあらすじ(ネタバレ)

「西郷どん(せごどん)」24話は、寺田屋騒動の一件から吉之助(=鈴木亮平)の親友・大久保一蔵(=瑛太)が、徳之島へ島流しになった吉之助に手紙を書く所から始まります。

一蔵の手紙を読み「待っちょるぞ」と親友を信頼する吉之助は、ふと大島に置いてきた妻・愛加那(=二階堂ふみ)の声が聞こえた気がして振り向きます。

すると、徳之島の海岸を歩く、二人の赤子を抱く、愛加那と兄・富堅(=高橋努)を見つけた吉之助は、すぐに側に駆け寄りました。

愛加那は吉之助の二人目の子を腹に宿している時に、吉之助が大島の隣の徳之島に来る事を知り、兄の力を借りて徳之島に来たのでした。

一方、吉之助が家族との幸せな時間を過ごしている時、

国父・久光(=青木崇高)は、大老・井伊直弼(=佐野史郎)の暗殺後に弱る幕府につけ込み、一橋慶喜(=松田翔太)と松平春嶽(=津田寛治)に対面し、かつて兄・斉彬が同盟を結んでいたように「自分もお二人と共に日本を強くしていきたい」旨あいさつする。

兄・斉彬の真似をして、徳川家一門の慶喜に近づこうとする久光(国父)は、慶喜に世間知らずをなじられ「芋じゃねーか」と罵倒されます。

「話がしたいなら牛男(吉之助)を呼べ」という慶喜の言葉に、久光(国父)の怒りは頂点に達するのでした。

その後すぐに、久光の命により、吉之助に「更に厳しい環境」の沖永良部島へ遠島が下ります。

沖永良部島では、吹きさらしの牢に入れられた吉之助に、「先生」と慕う島役人・土持政照(=斎藤嘉樹)と島人が現れ、吉之助に島の食べ物を差し入れます。

ある日、薩摩からの手紙を政照が渡そうとすると、先に島に流されていた川口雪篷(=石橋蓮司)がその手紙を奪い読み上げました。

その手紙は、郷中の仲間の海江田武次(有村俊斉=高橋光臣)と大山格之助(=北村有起哉)の手紙で、どちらも一蔵の悪口が書かれていたが、吉之助は一蔵の考えを見抜けない二人に不思議な顔をします。

友を信じる吉之助に、雪篷は「友なら何故お前を助けない?」と言い、薩摩藩からは吉之助に対し、わずかなコメと塩の支給しかされていなかった。

このままでは死んでしまうと見かねた島人からの施しで、生きながらえている真実を伝えました。

驚きの事実を知った吉之助は、島人からの差し入れには一切口をつけず、やつれていこうとも、一蔵の手紙を待ち続けました。

島に嵐が来て強風と雨に打たれる吉之助は衰退し、愛加那に貰った貝殻を握り、朦朧とする中、「生きろ!」と言う言葉を聞きます。

吉之助の友を信じる姿を見かねた雪篷は、牢を外から壊し、自力で水を飲めない吉之助に口移しで水を注ぎました。

雪篷は吉之助が反応するのを見るとすぐ立ち去り、その後すぐ、吉之助を慕う政照や島人らが罰を恐れず、吉之助を助けようと集まるのでした。

西郷どん(せごどん)24話の感想や見所

「西郷どん(せごどん)」24話のそれぞれの俳優の熱演に、笑ったり、悲しい気持ちになったり、と楽しませて頂きました。

久しぶりの二階堂ふみさんの登場で、はっきり感情を表情に出す演技で、愛加那の愛する旦那への想いに幸せを分けて貰いました!

良く通る声で「旦那さまあー」と言うと、気づいた吉之助に満面の笑みを浮かべ、赤ん坊を抱く姿が幸せそのものですね。

吉之助が側に来ると、二人の海岸ので出会いを盛り上げる様に歌が流れ、「この子に会ってほしかった」と言う言葉が純粋で吉之助を想う気持ちで溢れてます。

回想で近くの島に吉之助が来ても会いに行けない歯がゆさを、

眉間に深いしわを作り表し、

大きな目が潤むと悔しさが一層伝わりますね。

子供らに名前をつけた吉之助に「薩摩に戻るまで一緒にいさせて」と言い、焚き火に照らされた、目と口を閉じて、ニコッと笑顔を見せる表情は幸せを噛みしめる様でした。

しかし、久光(国父)の怒りが二人を引き裂き、大きな目にじんわりと涙を浮かべ、ペタリと座り込み、赤ん坊の泣き声に悲しみの表情を険しくしていく姿が、今まで幸せな分、酷に映りました。

愛加那の手助けをした富堅を演じる高橋努さん、夫婦の再会に寝たふりをして妹の幸せに泣く姿が男泣きを思わせました!

夫婦の幸せの時間を引き裂いた久光(国父)の、朝廷に認められ、自身満々の態度が慶喜に完膚なきまでに打ちのめされたシーンは、役を演じる青木崇高さんの顔芸が光ってましたね。

朝廷の勅書を受け取る幕府に、思い通りに事が運んだ事から、キセルを口に加え、強気に見開いた目を大きくして、自分の顔を横切る様に手を叩く姿が調子に乗ってますね。

その後、慶喜を将軍後見職に、越前福井藩主の春嶽を政治総裁職にする様、幕府に命じ、兄の様に諸藩の大名と関係を深めようしますが、慶喜に「猿まね」と見透かされてしまいます。

慶喜の一言一言が久光(国父)に突き刺さり、驚きの顔から、次第に大きな目をむき出しにし、悔しそうに目の形を変えながら口を噛みしめる様に強く閉じ、興奮の余り薩摩まじりの言葉が酷くなるさまが滑稽です。

さらにその言葉を慶喜に指摘されると、ピエロがおどける様に、大きく丸く開いた目は、寄り目をしたりいろいろ動き、口と鼻が、ほうれい線がピクピク動く表情は物凄く、感情の起伏が激しさが伝わります!

慶喜の久光(国父)が放った「イモ」が、春嶽を演じた津田寛治さんの、言ってはならない事を言ってしまった感じを醸し出す表情が、久光(国父)の世間知らずを印象づけますね。

高慢な久光(国父)を口で滅多切りにした慶喜は、演じる松田翔太さんの涼しい顔で、要所要所で語尾を強める口調で言い放つ演技が心地良いですね!

「軽々しく口にするな」、

「江戸では誰も知らねーよ」、

「大和言葉で喋ってくれ」

など怒涛の責めが爽快で、

トドメの「イモじゃねーか」を2回映す演出は素晴らしかったです。

あの青木崇高さんの変顔を見ていた、翔太さんは笑わずに演技に集中できたのか気になります。

その結果、愛加那や子供らと離れ離れになる吉之助、慶喜の言葉が刑を重くした様に見え不憫に思われます。

赤ん坊を見て「何と愛らしか子供じゃあ」と言う表情は、吉之助演じる鈴木亮平さんの優しい目尻がより垂れて、幸せが醸し出されてますね。

富堅と相撲を取ろうとする吉之助、高橋努さんの体に比べ亮平さんのドラマの為に鍛えられた体が、とても存在感をだし迫力がありました!

別れを悲しむ愛加那の両腕を、愛おしむ様に撫で両手を握り、「夢の様に楽しか五日間じゃった」と幸せな時間を噛みしめる様に言うシーンは、儚さを感じます。

今回の遠島は、一蔵を信じる吉之助は前向きで、突然の命令にも真摯に受け止め、その島人にも優しく接する余裕がありました。

しかし、吉之助は、大山らの手紙にあった一蔵の悪評と、雪篷から聞かされる実質死刑の様な遠島の扱いにショックを受けます。

それでも、やつれた頬、所々薄れてる唇、点々と生える髭、伸びた髪が汗ばんだ顔に張り付き、虚ろな目で悪い情報に惑わされない様に座禅をする姿が、友情を貫く心意気を表現してました。

その願いも虚しく倒れる吉之助、横になった状態で閉じた目に涙が下に玉なって溜まり、祈る愛加那や、家族を守りたい気持ちの言葉、友の声など生命の極限を表現する演技と演出が、引き込みました!

吉之助を先生と慕う土持政照、この島に送られ運命を悟り、何もできない後ろめたさと、役人の罰に葛藤する姿が薩摩藩の圧力を思わせます。

いつも苦笑いをしていた政照が最後に

「薩摩に刃向かおうとも死なさんぞ」と吉之助を助ける、

斎藤嘉樹さんの葛藤を振り切る演技に胸が熱くなりました!

吉之助の絶体絶命の危機を助けた雪篷を演じた大ベテランの石橋蓮司さんの酔っぱらった、一くせも二くせもある演技が、居酒屋で愚痴を垂れるリアルな人々の様で凄かったですね!

友を信じる吉之助に、夢見る子供に現実を教える様に、

「国父と一蔵は最初からお前を殺すつもりじゃ」と独特な喋り方で、ねちっこく言い放ついやらしい感じが堪らないですね。

さらに「そんな事も知らんで何が友を信じっとじゃあ」と、心を抉る様な声で、言葉を妙に伸ばして話し、挙句に笑い飛ばして去って行く・・・

これらの味のある演技を自然にこなす演技力は流石です!

また、蓮司さんの、細く厳しく斜めに角度のある眉、睨む様な目は三角の形をしていて、見定める様にそれを微妙に動かし、毒を吐く姿が強烈ですね。

それが吉之助と根比べに負けた様に「われは死んでも友を信じっとか?」と牢を壊し、鬼の様な厳しい顔を吉之助の顔に一瞬で近づけ口づけをするシーンは、仰天しました!

吉之助がむせると、「けっ」言い放ち、と口から水を落とし、口髭に水をつけたまま、立ち去るワイルドさは圧倒的でガツンと殴られた気分になります。

ただ、吉之助が苦しんでいる状況を、慶喜の「牛男」に対して、「吉之助ですか」と神妙な顔で答えた一蔵は、何を考えているのか気になる「西郷どん(せごどん)」24話でした。

西郷どん(せごどん)24話のネット上の感想

「西郷どん(せごどん)」24話の鈴木亮平さんと石橋蓮司さんの口づけがツイッターで拡散され盛り上がってますが、それ以外にも俳優の演技に心動かされたコメントが賑わってます!

最後の吹っ切れた行動が感動的でしたね、次回の活躍も期待したいです。

一瞬、何が起こったのか理解に苦しみました、凄い勢いでインパクトが強すぎです!

久光(国父)の弱点を的確に言い当てる怒涛の台詞がカッコよかったですね!

五日間だけの家族の再会、赤ん坊を抱く二人の幸せな顔がとても微笑ましかったですね。

西郷どん(せごどん)24話の動画ならU-NEXT

西郷どん(せごどん)24回は、

徳之島での束の間の親子の再会も、更に厳しい環境の沖永良部島へ、一蔵は裏切ったのか?、ヒー様との対面でこけにされる久光、のちに吉之助に影響を与えたとされる雪篷との✕✕シーンなど今回も見所満載でした。

24話(6月24日放送)「地の果てにて」ですが、おすすめの視聴方法はU-NEXTです。

U-NEXTのメリット

・ハッキングやウィルス感染の被害がない。

・31日間お試し無料(期間内解約OK)

・お試し登録時にもらえるポイントで「西郷どん動画24話」が今すぐ見れる

・70誌以上の雑誌が読み放題

・4アカウント作れて、家族で同時に別な動画の再生OK

・オフラインで動画の再生が可能(作品による)

『西郷どん(せごどん)』24話の動画を今すぐ見るならU-NEXTです!

U-NEXT詳しくはこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする