西郷どん(せごどん)動画25話を無料でまだ見れる?(7月1日生かされた命)

西郷どん(せごどん)25話(7月1日)は、薩英戦争に沖永良部島も巻き込まれる島編ラストの重要回ですが見逃したら25話動画が無料でまだ見れるか徹底チェック!

西郷どん(せごどん)25話は、沖永良部島民に吉之助の教えが根付き、意外な再会や別れが続き新章への決意があるので見逃したら無料動画をチェック!

新しい話へ向け盛り上がる西郷どん(せごどん)25話の動画がまだ無料で見れるか、あらすじ(ネタバレ)・感想・ツイッター口コミと共に紹介します。

西郷どん(せごどん)25話の動画を無料で見れる?

「西郷どん(せごどん)」25話「生かされた命」は7月1日に放送され、再放送は7月7日土曜の13時5分からの放送予定になります。

酒好きで飲んだくれに身をやつす雪篷(=石橋蓮司)、その心は吉之助と同じ志を持ち、長年培われた様々に変わる表情が溢れ出る感情を表現し、年を感じさせない躍動する演技が島のラストを飾ります!

見逃せない島の革命、もし見逃してしまったら、無料で熱いドラマを視聴する事ができるのでしょうか?

西郷どん(せごどん)25話以外の動画や内容、振り返りたい方はこちら

前回24回の振り返りはこちら

西郷どん(せごどん)25話動画を探していいの?

「西郷どん(せごどん)」25話が無料で簡単に視聴できるからと言って、

以下のサイトに入っては危険です。

Dailymotion(デイリーモーション)・・フランスのサイトです

パンドラTV(PANDORA)・・韓国のサイトです。

9tsu・・アメリカのサイトです。

MioMio・・中国のサイトです。

B9DM・・中国のサイトです。

B9GOOD・・中国のサイトです。

これら「海外の動画配信サイト」はTV番組を違法にアップロードしています。

「著作権の侵害」です。

更に、これらのサイト利用していると

「ウィルスに感染しました。今すぐをこのファイルをインストールして下さい」

などと「えっ」と思うような表示がされることがあります。(サイト管理人も経験済みです)

このメッセージが表示されてもインストールなど決してしないでください。

再起動をしたり履歴やキャッシュの削除などで対応しましょう。

ただし、実際に

ウィルスに感染したり

個人情報を取られたり、

ハッキング被害にあったという報告も出ているようです。

また、YoutubeによくあるTV番組動画は、違法性から逃れるため苦肉の策の動画で、

「画像サイズが小さい」、

「画質・音質が粗い」など視聴するに堪えません。

わざわざハイリスクなサイトで視聴することはオススメできません!

安全な公式サイトで正規に配信されている「西郷どん25話動画」を視聴しましょう!

西郷どん(せごどん)25話動画:NHKオンデマンドは有料

NHKオンデマンドとは、NHKが放送した番組をパソコンやスマホ、タブレット、テレビで視聴できる有料動画配信サービスです!

西郷どん(せごどん)の各一話購入の場合は216円から購入できます。

視聴期間は購入後1日間です。

また、見逃し見放題パックは月額972円でNHKの500から600番組を視聴することができます。

見逃し見放題パックは、大河ドラマや連続テレビ小説など、西郷どん以外の番組を見たい方におすすめです

いずれにしても西郷どん(せごどん)25話動画はNHKオンデマンドでは有料です。

西郷どん(せごどん)25話動画おすすめはU-NEXT

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、西郷どん(せごどん)25話はもちろん一話から最新話までが配信されています!

U-NEXT

31日間無料トライアル中は、見放題作品が無料で楽しめますし、見放題でない作品も、無料トライアル特典でもらえるポイントで今すぐ見れちゃいます!

U-NEXTでは西郷どん(せごどん)が一話216円で見れます・・・

という事はU-NEXTでは、西郷どん(せごどん)25話などが無料お試し登録時の特典ポイントを使って今すぐ視聴可能という事です

登録時にポイントがすぐ反映

※2~3分で簡単に登録可能ですよ!

またU-NEXT4アカウントまで作れて、同時に別の動画を家族で楽しめます。

更にダウンロード機能でオフラインで動画再生できるので通信制限を気にせずに済みますよ!(作品による)

雑誌読み放題70誌以上!

高品質の音と映像が楽しめます!

無料お試し31日以内に解約する場合の方法ですが、

メニュー「設定サポート」⇒「契約内容の確認・変更」から手続きが可能となっています。

お試し登録時の特典ポイントで今すぐ「西郷どん(せごどん)」25話の動画を楽しみましょう。

U-NEXT詳しくはこちら

本作品の配信情報は2018年7月時点のものです。配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページをご確認ください。

西郷どん(せごどん)25話のあらすじ(ネタバレ)

「西郷どん(せごどん)」25話は沖永良部島に遠島された吉之助(=鈴木亮平)が、飢餓で死にそうな所を島人から助けられた所から始まります。

吉之助が島人の家で介抱を受け寝ていると、牢で吉之助の食べ物を奪って食べた家人(ヤンチュ)と子供らが、土持政照(=斎藤嘉樹)ら島人に罪を責められました。

※家人とは、奄美大島にも居た、畑や家の中で働く奴隷のことで、吉之助はこの制度を「胸くそが悪くなる制度」と公言していました。

気が付いた吉之助は子供らの言い逃れに合わせ、自分があげたと言い事を収めます。

政照の取り計らいにより吉之助は屋根のある座敷牢に入る事になり、食事も許されました。

その優しさに感涙した吉之助は、島人の子供らに学問を教え報いる事を伝え、家人の子供たちにも平等に薩摩の教えを学ばせます。

その頃、久光(国父)一行は薩摩に戻る途中、大名行列を乱したイギリス人を生麦で斬り捨てイギリスの怒りを買いました。

その責任から薩摩に対応を任され迷う久光(国父=青木崇高)に、家臣の一蔵(=瑛太)はイギリスとの戦を進言。

寺田屋事件を起こし謹慎中の藩士の信吾らや、生麦事件でトドメを刺した有村(海江田=高橋光臣)らも戦に参加させました。

薩摩とイギリスの戦の話は、島にも届き、流人の雪篷(=石橋蓮司)は、かつて薩摩で尊敬していた斉彬の言葉を口にして島抜け(脱島)しようとします。

イギリスの軍艦がこの島を占領する恐れから、島人は代官に対応を願い出て、吉之助は大砲に似せた丸太を並べるアイデアを提案します。

その提案に乗った雪篷は息巻いて作業に取り掛かりますが、島人は政照しか手伝いませんでした。

そのやる気の無さに諦める雪篷に対し、一人でもやり通す、と強い意志を見せる吉之助の姿に、家人や島人の子供らが手伝いを願い出ます。

やる気を取り戻した雪篷は、休憩中の子供らに革命を起こしたナポレオンの話をし、吉之助も興味を示していると他の島人らも丸太の大砲作りに集まってきました。

その数日後、島に薩摩がイギリスを追い返した知らせが来ると、吉之助や雪篷、島人らと喜びを分かち合いました。

そして、吉之助の召喚の日が来ると信吾(=錦戸亮)が島に現れ、その再会に吉之助は信吾を強く抱きしめます。

島を出る吉之助らは、島の山の上で”革命”と書かれた旗を振る雪篷の姿を目に焼き付け、薩摩の蒸気船に乗り込むのでした。

信吾が気を利かして愛加那を蒸気船に乗せ、思わぬ再会に吉之助は驚きました。

大島で愛加那に別れを伝える吉之助、それを受け入れていた愛加那は吉之助の胸にうずくまり、二人はその存在を胸に焼き付ける様にしばらく抱き合うのでした。

西郷どん(せごどん)25話の感想や見所

「西郷どん(せごどん)」25話の島人らの心、藩士らの心がそれぞれ二人の男らの声で革命の如く動かされ実を結ぶ展開が熱かったですね!

薩摩の帰りに籠の中で考え事をしてたかの様に見えた久光(国父)、慶喜に田舎者と言われたのを引きずっているみたいで、イギリスの戦の決定に「今にみちょれよ」と物凄い形相がそれを物語っている様です。

相変わらず斉彬の名前に弱く一蔵に上手く言いくるめられ、それを批判する家臣に「わしは一蔵と話しとる」一喝する声が厳しく響きましたね。

役を演じる青木崇高さんの、火が付いた様に激しい勢いを、大きくギラギラした目、斜めに走る眉、威嚇する様に歯を見せる口、などを激しく動かし表現する演技のインパクトは強烈ですね!

今回、他の家臣を押しのけ進言した結果、小松と共にイギリスとの戦の準備を任された一蔵、他の藩士をまとめ目覚ましい活躍を見せましたね。

出世や保身と揶揄されていた一蔵の、久光(国父)に信頼を置かれる事で信吾らの謹慎を解く事がで戦に貢献でき、ようやく一蔵の思い描く政治が動きだした様です。

太いキリッとした眉毛が特徴の一蔵役の瑛太さん、その眉を額に浮かぶ二本の筋で波打つ様にして要所で話す姿が凛々しいですね!

「最後の一兵になっても戦う覚悟」と久光(国父)を喜ばせ、有村(海江田)、大山、信吾ら、に「おまんらーやっとー!」と声を張り上げ仲間を奮い立たせる、瑛太さんの力強い演技が革命を引き起こした様です。

謹慎を解かれ活躍の場を得た信吾、兄に気を利かせ愛加那を蒸気船に乗せてくる所は色男のなせる業の様ですね。

スイカ売りに化けて、とイギリスとの戦話で宴を盛り上げた、錦戸亮さんの手ぬぐいを頭に巻き「スイカースイカーはいりもはんか?」と芸を披露するシーンは貴重でしたね!

島で吉之助を慕い助けた政照、吉之助にも代官にも頭を下げ島の平和を願う姿に胸を打たれました。

書状が島に届いたり、事あるごとに吉之助を頼る、役を演じる斎藤嘉樹さんの人懐っこい演技が純粋な島人を思わせますね。

座敷牢を思い付き任してくれと顔を大きく振り、吉之助の話に涙ぐみながら頷き、吉之助の別れに眉間にしわを作り泣くまいと口を引き締めるがピクピク動いてしまう、人の良さが滲み出た演技に感動しました!

その母の鶴を演じる大島蓉子さんの死にかけた吉之助を茶化す様に叱る演技も、母親を思わせ良かったですね。

石橋蓮司さん演じる雪篷の存在感は群を抜いていて、その一つ一つの演技の印象が強く心に残りました。

雪篷は吉之助と同じく友の言葉を信じ、友からの召還する書状を待ってましたが、何らかの事情で連絡がとれなくなりました。

しかし、吉之助の友を信じる強い心から昔の民を守る気持ちを思い出し、外国との戦争で危機を感じた雪篷は島抜けを謀った様です。

前回は愚痴をこぼし怖い顔が印象的でしたが、ナポレオンを端をクルクル巻いた手ぬぐいを頭に乗せ、目を見開いて口を閉め見栄を切り味のある笑いをする演技は大ベテランならではの様な気がします!

吉之助と牢に閉じ込められ、丸太のアイデアに興奮し格子から手を突きだし、身振り手振りで偽大砲の作り方を言い、勝手に牢を出て吉之助にもそれを促す、図々しい演技も自然にこなす所は流石です。

吉之助と和解の杯を酌み交わすシーンで、杯を持ち上げる仕草がほぼ同時で息がピッタリの二人の名シーンに男の友情を感じました!

蓮司さんの険しく見せていた顔のしわが、酒を酌み交わし上機嫌になると喜びを大きくみせ、顔全体で信頼を表現している様でした。

そして、上機嫌な顔を急に難しそうな顔にして懐の本を「餞別」と吉之助に渡し、瓢箪を持ち去る姿が照れ隠しの様な気難しい老人を表現していて見事でした。

窮地を政照らに助けてもらい、感謝から恩人の顔を潤んだ目で交互に見て顔を仰ぎ天にも感謝する仕草が、どっしりと落ち着いた史実通りの西郷を思わせますね。

身分ではなく心の意識の持ち方で人間の質が決まる薩摩の教えを、島人と家人の子ら一人一人に話しかける様に教える吉之助の平等の精神が、子供らの心を掴みました。

イギリスの軍艦が島に迫ると聞き、一人になっても作業を続ける、と一蔵と同じ事を言う吉之助の姿に子供らは手伝いを申し出、大人も巻き込む革命を起こすのに成功しました。

鈴木亮平さんの子供らに接する先生の様に、時折「おはんらー」と大きな声を出し言い聞かせる表情は優しくおどける様な顔が、大島の時の様に慣れていて保育士の様ですね。

身分の低い政照に礼をする、餞別をくれ腹を分かち合った雪篷の背中に礼をする、座敷牢に礼をする、世話になった全てのものに感謝を表す吉之助の心遣いが革命を成功へと導いたと思われます。

吉之助の近親者の愛は格別ですね、「おやっとさんでした」と信吾の迎えに喜ぶシーンは感動的でした。

いきなり信吾の胸倉を掴み持ち上げガッシリ抱き、その背中で額に力が眉間に向けしわを寄せ、目を細め口を歪め「よう無事じゃった」と口とあごと鼻を小刻みに震わせる、亮平さんの底無しの演技に驚かされます!

愛加那との別れのシーン、永遠の別れを思わせる亮平さんと二階堂ふみさんの、哀しみの演技が不意に胸に刺さりました。

自分の胸に手を当て悲しそうに微笑む愛加那が、「この体の中はあなたでいっぱいじゃ」と今ある全ての気持ちを伝える様ですね。

それを聞いた吉之助の目に涙を溜め、閉じた口の左側をピクリと動かすクセに愛加那の気持ちが伝わり心を刺激してる様に感じます。

向き合う二人、愛加那が吉之助の頬に手を当てそれをその胸に置き、その上に自分の顔をうずめ島言葉で想いを伝え、吉之助も同じく島言葉で想いを伝える大島の別れの物語にふさわしい演技ですね!

そして、吉之助は胸に抱く愛加那を感じる様に左の頬を二粒の涙で濡らし目を閉じ、愛加那はその胸で離れていても一緒に居続ける夢を見る様に目を閉じる、二人の姿が美しい島編の名残惜しさを強調する様です。

新しい話の始まりに、蓮司さんの革命の旗振りも良かったですね!

力強く大きく旗を規則正しく振り、その姿勢は全く崩れず美しい形で軌道を描き続け、日本の大革命を応援する様に思わせました。

ただサイト管理人の個人的な意見として一つ言わせてもらいます。

林真理子さん原作の方にはある「喜界島に流された村田新八を迎えに行きたい吉之助と、反対する信吾が言い合うシーン」をぜひ見たかったのでございもす!

以下、原作の「西郷どん中巻」からそのシーンの二人の会話を一部抜粋して記載しますのでお楽しみください。

吉之助「新どんもおいも同じ罪で流されたとじゃ。おいが許されたからには、あいつも許され、一緒に帰ってくっとがあたり前の話じゃろう。」

信吾「そいが出来んとですよ。兄さあ。勝手に村田さあを連れて帰ったら、国父さまのお怒りはいかほどのことでございもんそか」

信吾は更に、「吉之助赦免申し出」の話しを聞いたときの国父(=久光)の様子を次のように話します。

信吾「・・・・こん時,国父さまは無念のあまり、顔色が変わったそうでございもす。お吸いになっていたキセルをガリリと噛んだとも言われておりもす。そいほどまでして勝ち取ってくださった帰還でございます。どうか無駄になさらんでくいやんせ。お願いいたしもす。」

(キセルガリガリはどっかで見たシーンですね。原作ではここで出てくるシーンでした)

吉之助おいは新どんを俊寛(しゅんかん)するわけにはいかん。

もし許されん時は、おいと新どんと、そしておはんがまた島に戻ってくればよか。

どうせ西瓜売りに化けて死ぬつもりだったとじゃっで。

そいよりは、ましというもんじゃ、ハハハハハ

という、新八を思う気持ち&久光のことを全く恐れない吉之助らしい秀逸なセリフを、鈴木亮平さんの口から豪快な笑いと共に聞きたかったサイト管理人でございもした。

西郷どん(せごどん)25話のネット上の感想

「西郷どん(せごどん)」25話、大ベテランから人気の俳優まで繊細でワイルドな演技に惚れる視聴者のコメントで賑わってます!

錦戸亮さんのファンの方のコメントも多数、とても細かい所の視聴に愛を感じます!

ここ最近、会うたびに別れる展開になってしまいますね、二階堂ふみさんと鈴木亮平さんの意気の合った演技がより一層涙を誘います。

青木崇高さんの久光の感情の起伏を表現した表情の演技は素晴らしいですね!その怒りを猛烈に感じます。

力強く振られる旗、島人の感謝と応援する言葉、透明な海にゆっくり進む船、名シーンでしたね!

西郷どん(せごどん)25話動画ならU-NEXT

西郷どん(せごどん)25回は、沖永良部で助けられた吉之助が、助けてくれたお礼から、子供たちに、「同じ人間に身分の差は無い、あるとすれば心の持ちようだ」と説いたり、

薩英戦争に巻き込まれそうになるが、島の人たちで協力出来たり、

雪篷と同じ志を持っていたと確認できる「島流し編ラスト」の重要回で見所満載でした。

25話(7月1日放送)「地の果てにて」ですが、おすすめの視聴方法はU-NEXTです。

U-NEXTのメリット

・ハッキングやウィルス感染の被害がない。

・31日間お試し無料(期間内解約OK)

・お試し登録時にもらえるポイントで「西郷どん動画25話」が今すぐ見れる

・70誌以上の雑誌が読み放題

・4アカウント作れて、家族で同時に別な動画の再生OK

・オフラインで動画の再生が可能(作品による)

『西郷どん(せごどん)』25話の動画を今すぐ見るならU-NEXTです!

U-NEXT詳しくはこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする