西郷どん(せごどん)の憧れる島津斉彬(渡辺謙)の覇王感が!? | ティーバー(TVer)の無料ドラママニア

西郷どん(せごどん)の憧れる島津斉彬(渡辺謙)の覇王感が!?

西郷どん(せごどん)で強烈な存在感を示す島津斉彬(=渡辺謙)は、実際どんな人物でしょうか?

ドラマ西郷どん(せごどん)での先見の目を持ち、西郷吉之助(隆盛)を憧れさせたカリスマ性と、賢く立ち振る舞い、これだと思った仕事はグイグイ進める姿は現代人も憧れてしまうほどですね。

西郷どん(せごどん)の島津斉彬を演じる渡辺謙さんの経歴と、斉彬の魅力とその生涯を語ります。

島津斉彬役の渡辺謙の圧倒的演技がやばい

島津斉彬役の渡辺謙さんのプロフィールを紹介します。

1959年10月21日に新潟県で生まれ、映画、テレビ、舞台の他、歌手の経歴もあり、日本だけでなく海外での活動も活発です。

主な出演は、邦画「沈まぬ太陽」、「怒り」、洋画「硫黄島からの手紙」、「ラストサムライ」、「GODZILLA ゴジラ 」、「追憶の森」、ドラマ「仕掛人 藤枝梅安シリーズ」、「御家人斬九郎シリーズ」、「しあわせの記憶」、舞台「王様と私」などになります。

朝ドラは「はね駒」に出演。

大河ドラマでは「独眼竜政宗」、「山河燃ゆ」、「炎立つ 第一部・第三部」、「北条時宗」など。

NHK人気番組に複数出演、主演の「独眼竜政宗」は高視聴率を獲得してその名を轟かせました。

伝説的なドラマ「太陽にほえろ」にも出演したことがあり、海外作品の演技で多くの賞を受賞した世界のケン・ワタナベですが、その影では病気を繰り返し、闘病の中、演技をされていた精神力には驚かされました。

「西郷どん(せごどん)」では一話登場から迫力があり、子供達を驚かせ、そして、西郷どんの憧れと影響を与えた、薩摩の未来の為に強い意志を示した演技は、とても力強く視聴者の心を掴みました。

スポンサードリンク

島津斉彬の生い立ちとお由羅騒動とは

※()内はドラマ西郷どん(せごどん)で演じている俳優名を書いています。

島津斉彬(しまづなりあきら=渡辺謙)は1809年3月14日に、父・斉興(なりおき=鹿賀丈史)、正室の母・弥姫の長男として江戸で生まれます。

斉彬が洋学に興味を持ったのは曾祖父の島津重豪(しまづしげひで)の影響で、それが蘭癖と周囲に思われます。

重豪の蘭癖は藩財政に悪い影響を与えていたので、斉興の次は斉彬を藩主にする待望論もありましたが、藩財政が悪化する事を懸念して、斉興は長らく家督を譲りませんでした。

斉興の家老・調所広郷(=竜雷太)や側室・お由羅(=小柳ルミ子)の方は異母弟の久光(=青木崇高)の擁立を画策しますが、それに対し、斉彬派側近らはお由羅と久光の暗殺を謀るも計画が漏れてしまい、逆に粛清されます。

このお由羅騒動はドラマではロシアンルーレットで決着をつけましたが、実際は斉彬派が斉興の叔父に援助を求め、叔父の黒田斉溥の仲介で、幕府老中・阿部正弘(=藤木直人)や複数の藩主が力を貸し事態を収拾したのでした。

ドラマと違い史実では激しい派閥争いが展開され、「西郷どん(せごどん)」の原作では、老中、阿部正弘が斉彬を助けたみたいですね。

また、弥姫が生きていたらお由羅騒動が起こらなかったと言われ、斉彬や西郷どんの運命が変わっていたでしょう。

スポンサードリンク

薩摩藩主になった島津斉彬

斉彬は藩主に就任するとすぐに、富国強兵に力を入れ、反射炉や溶鉱炉の建設など洋学を利用した事業を次々と興します。

「西郷どん(せごどん)」6話でのジョンマン(中浜万次郎=劇団ひとり)を保護したのは事実で、ジョンマンから聞いた造船法で洋式帆船を完成、造船の材料の為に木綿紡績事業を興し、西洋式軍艦を幕府に献上する所までに至りました。

斉彬は、藩主就任以前から交流のある、松平慶永や伊達宗城らとともに、幕府老中・阿部正弘に安政の改革を訴えます。

そこで斉彬は黒船来航から混乱している日本を、今まで別々だった、「公」である天皇を中心にする朝廷と、「武」である武家を中心とした江戸幕府を合わせた公武合体で、異国に対抗しようと主張します。

しかし、斉彬は井伊直弼(=佐野史郎)と将軍継嗣問題で対立、斉彬は自分の有利になるよう篤姫(於一=北川景子)を徳川家定(=又吉直樹)の正室として嫁がせます。

一方で、仲の良い藩主達とともに水戸藩主・徳川斉昭(=伊武雅刀)の子の慶喜(=松田翔太)を推し、さらに公家の力を借りて朝廷にも働きかけました。

しかし、井伊直弼は大老の地位を利用して安政の大獄で反対派を次々弾圧すると、直弼の推す徳川慶福が第14代将軍になります。

流石の斉彬も権力には敵わなかったようですが、数々の事業を展開し、幅広い交流と鋭い知性で、幕府の中心に迫った事実は驚嘆に価します。

スポンサードリンク

諸説ある島津斉彬の死亡原因

直弼にしてやられた斉彬は、藩兵5,000人を率いて抗議する計画を立てたが、鹿児島城下で突然発病し死去します、享年50(満49歳没)でした。

この死因について諸説あり、

当時流行していたコレラが原因という説、

斉彬の夭逝した子らと同じく急死だった為、斉興や久光などの陰謀という説の他、

赤痢や毒殺という説があります。

斉彬はお由羅を嫌ってはいましたが、その息子・異母弟の久光とは学問が好きという共通した所があります。

幕府軍艦咸臨丸が鹿児島に訪問した時に斉彬が久光に勝海舟(=遠藤憲一)を紹介するほどで、実際は仲が良かったようです。

西郷どんの第一話での二人で猟りを楽しむシーンや斉彬が藩主になった直後も弟の久光にい

これからという時に斉彬が急死してしまうのは残念ですね、この知らせを聞いた西郷どんは殉死を試みたほどで、斉彬がとてつまない偉人だった事が窺えます。

スポンサードリンク

まとめ

「西郷どん(せごどん)」で渡辺謙さんの演技で圧倒的な存在力の斉彬は、史実でもドラマと変わらぬ偉人のようでした。

お由羅騒動の決着はドラマのようではありませんが、多くの藩主に助けられ難局を乗り越えます。

これは斉彬の他の藩主への巧みな外交があったから実現できたように思えます。

斉彬が熱心だった蘭学は家督相続争いの要因になりましたが、薩摩藩の富国強兵の為の大きな原動力になり、ジョンマンを助け、日本の近代化に大きく貢献しました。

そして、公武合体を唱え日本を一つにまとめ、異国に対抗する為の数々の努力は、現代でも通じるパワーを感じさせます。

父との確執や代継の早すぎる死など逆境が多い人生でしたが、目的の為に数多の功績を遺した行動力は今でも人の関心を集めるのだと思います。

まだまだあります、気になる西郷どん情報更新中!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする