「わたし、定時で帰ります」キャストをチェック! | ティーバー(TVer)の無料ドラママニア

「わたし、定時で帰ります」キャストをチェック!

TBS火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります」の気になるキャストをチェック!

定時に帰る事に全力を傾ける女子社員に立ちはだかる、働く事が生きがいの皆勤賞女に働かせないと気が済まない上司などの個性的な社員が話題騒然!

「正義のセ」でやる気が空回りする新人検事を演じたあの人気女優と、人気男性グループのKAT-TUNで「ゆっち」でお馴染みの人気俳優の、ラブラブな演技は見逃せません!

「わたし、定時で帰ります」の精鋭ぞろいの人気キャストと、話題の原作小説とあらすじを紹介します。

ドラマ「わたし、定時で帰ります」のキャストチェック!

「わたし、定時で帰ります」は、TBS系にて初回は2019年4月16日(火)夜10時にスタートされました。

訳あって定時退社を順守する主人公・東山結衣を演じる吉高由里子さんが、帰りたいけど帰れない日本の会社員に「何のために働くのか」を考えさせます!

定時退社に立ちはだかるクセ者社員たちを、朝ドラや人気ドラマや映画で活躍するイケメンから名バイプレイヤーまでの話題の俳優達が演じます!

「わたし、定時で帰ります」キャスト

「わたし、定時で帰ります」の働き方に拘りのあるキャストを紹介します!

東山結衣役=吉高由里子

吉高由里子さん演じる東山結衣は、WEB制作会社・ネットヒーローズ制作4部のWEBディレクターです。

仕事中毒の父親からそれを否定する様に、あることがきっかけで残業をしない生き方をモットーに生きる。

一方、他人に迷惑をかけないよう効率を重視して受けた仕事をこなします。

種田晃太郎役=向井理

向井理さん演じる種田晃太郎は、ネットヒーローズの制作4部の副部長兼WEBプロデューサーです。(結衣の直属の上司)

結衣の元婚約者で今の会社にヘッドハンティングされてきた。

仕事はデキるが集中すると周りが見えず、徹底した働き方が結衣との婚約破談を招きました。

諏訪巧役=中丸雄一

中丸雄一さん演じる諏訪巧は、ネットヒーローズのライバル会社のベイシック・オンに勤務する結衣の恋人です。

優秀な営業マンで後輩からも好かれ家庭的、プライベートを大切にする結衣の理想の彼氏です。

吾妻徹役=柄本時生

柄本時生さん演じる吾妻徹は、ネットヒーローズのフロントエンドエンジニアです。

要領が悪く仕事が遅く、会社で寝泊まりしています。見た目というか服装などが独特。

来栖泰斗役=泉澤祐希

泉澤祐希さん演じる来栖泰斗は、ネットヒーローズの新入社員です。

結衣が教育する新人で、「辞めたい」とすぐ口に出すやる気のない性格かと思いきや、1話では先輩の三谷にダメ出しするなどはっきり言う。残業を嫌う点は結衣と同じ。

三谷佳菜子役=シシド・カフカ

シシド・カフカさん演じる三谷佳菜子は、ネットヒーローズのWEBディレクターで結衣の同僚です。

皆勤女と称されるほど真面目な性格で、効率的な仕事ができる結衣をライバル視している。

定時で帰ることを良しとせず、新人に残業を強要したり口うるさい不器用タイプで、周りからの人望が無い。

一方で1話では、種田からは仕事ぶりが評価される部分もあった。

愁役=桜田通

桜田通さん演じる愁は、結衣に情報を送る謎の男です。

度々、結衣のスマホにメッセージを送り、社内の人事情報を提供する味方。

王丹役=江口のりこ

江口のりこさん演じる王丹は、中華料理「上海飯店」の店主です。

ハッピーアワーというサービスでのビールを目当てに結衣が通います。

客を大事にしているが、ハッピーアワーの終了18:10はきっちり守る。

戸塚学役=梶原善

梶原善さん演じる戸塚学は、「上海飯店」の常連客です。

文具メーカーに勤務し、仕事に関して古い考えを持ちます。

結衣を暖かく見守っている。

篠原友之役=酒井敏也

酒井敏也さん演じる篠原友之は、「上海飯店」の常連客です。

自営業の不動産屋を営み、よく戸塚と並んで食べています。

賤ヶ岳八重役=内田有紀

内田有紀さん演じる賤ヶ岳八重は、ネットヒーローズのWEBディレクターで結衣の先輩です。

結衣が婚約の事で悩んでる時に相談相手になった良き先輩、双子を生んで育児休暇で休んでいた。

2話から会社に復帰し、子育てしながら残業に積極的な姿勢で周囲や結衣を悩ませる。

丸山陽介役=坪倉由幸

坪倉由幸さん演じる丸山陽介は、八重の夫です。

八重の代わりに育休を取って、双子の育児に励みます。

福永清次役=ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリアさん演じる福永清次は、ネットヒーローズの制作4部の新任部長です。

忙しく働く社員に合せない人に明るい態度で圧力をかけ時には怖い一面も、起業したWEB制作会社を売却し今の会社に転職、種田を育てた過去もあります。

「わたし、定時で帰ります」の原作は

「わたし、定時で帰ります」の原作は、新潮社の小説を専門に掲載する雑誌「yom yom」で連載されていた朱野帰子さんの小説です。

この小説は、朱野帰子さんの猛烈な会社員生活の経験を元にした内容で、社員の個性的なキャラと実際の職場を思わせるシリアスな描写が読者の心を掴んでます!

「働き方改革」が進められる今、多くの社会で働く人々の注目を浴び、特に20~30代の働き盛りの世代を中心に、労働に対する考え方の共感の輪が拡大中です!

主人公の定時に拘る動きや、定時退社に文句を言う社員への愚痴混じりの心の声が細かく描かれ、コミカルな感じが読みやすいですね!

続編の「わたし、定時で帰ります。 ハイパー」も発売されてます!

「わたし、定時で帰ります」あらすじ

「わたし、定時で帰ります」は、ネットヒーローズでWEB制作に携わる東山結衣(=吉高由里子)が残業ゼロの働き方を通して、今の社会の職場の問題が映し出されるドラマです。

東山結衣は、早く帰る為に効率良く仕事をこなす事を心がけ、退社後の行きつけの中華料理屋で半額ビールを飲み、恋人の諏訪との時間を楽しく過ごしてました。

そんな時、結衣の所属する部署に新任部長・福永(=ユースケ・サンタマリア)が赴任する事になり、それをきっかけに、元から共に働く部下や同僚、新しい仲間が結衣の定時退社のハードルを上げます。

定時が来ても働き続け他の社員にも押し付ける同僚の三谷(=シシドカフカ)、定時に帰る社員に黙ってられない福永部長、そして、新しく配属された結衣と気まずい感じの元カレ・種田(=向井理)、これらのクセ者達と結衣の定時退社を巡る攻防が始まるのでした。

「わたし、定時で帰ります」キャストまとめ

「わたし、定時で帰ります」の主役や物語のメインに関わるキャストは勿論、クセ者を演じる俳優を気にするSNSのコメントが多く、ベテランの個性的な芸への期待がネットを騒がせてます!

クセのある主婦が定評の江口のりこさん、大河ドラマ「いだてん」で落語家を演じる柄本時生さん、「火の粉」の怪演が凄かったユースケ・サンタマリアさん達の共演にこれからの放送が楽しみです!

わかっていても職場環境やこれからの生活を考えると言いにくい、定時退社をテーマにした内容が、キャストの熱演で社会全体に広まると良いですね。